宣伝美術家TOM_表紙へ
宣伝美術家TOM_メニュー
宣伝美術_作品紹介
舞台情報・宣伝美術活動予定
更新履歴
リンク
特集
宣伝美術家TOMのブログ 1000-b
連絡先
演劇のチラシやパンフのデザインを中心に、製作してきた作品を紹介しています。

試験的にtumblrも公開開始。
宣伝美術家TOM(tumblr)

[宣伝美術ほか作品一覧]


劇団EVENT-STATION. sta,35 「皇神(すべがみ)」チラシ

17.09/?? 劇団EVENT-STATION. sta,35「皇神(すべがみ)」チラシ
近日掲載。

演劇集団よろずや「紙屋町さくらホテル」パンフレット

New!
17.08/22 演劇集団よろずや「紙屋町さくらホテル」パンフレット

戦時中を感じさせるべく防空セードのかかった電燈を表紙にしました。
チラシと同じくイラスト仕立て。絵になったことで手触りの良さそうな世界に。

劇役ユニット:サンリズム旗揚げ公演「正犠論」パンフレット

17.07/12 劇役ユニット:サンリズム旗揚げ公演「正犠論」パンフレット
表紙はチラシデザインと連動しながら画面は粉々。中面はお得意の変化球ネタ、一部隠れて読めないパンフ。演出さんよくぞOKをくれました。

第9回奈良演劇祭パンフレット

17.06/25 第9回奈良演劇祭パンフレット
今年もパンフレットを袋仕立てにしました。B3サイズの右、左、下を折ることでチラシをまとめる形状。来年はまた違う形にしようか、それとも普通の折りパンフにしようか。その形はどんな利点があるだろうか。

言の葉Logos 楽屋 チラシ

17.05/30 言の葉Logos第1回公演「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」チラシデザイン
鏡とメイクをキーにしました。生きている人や幽霊が交錯するお話にあわせてもやもやと流れる川のような、雲のような模様。この4人が鏡前で一列になるシーンは(作中には)ありません。でも何十年か先にこうやって4人が並ぶ日がもし来るなら、ハッピーエンドだと僕は思います。そんなお話なので興味のある方はぜひ見てみて下さい。そして最近自分の中で流行っているオクリがつけてあり、上下繋がります。輪廻!

演劇集団よろずや 紙屋町さくらホテルチラシ

17.05/18 演劇集団よろずや「紙屋町さくらホテル」チラシ表
写真を使いつつ手で筆を加えてイラスト調に仕上げました。個性が出ながら皆がひとつになるような雰囲気。

演劇集団よろずや 紙屋町さくらホテルチラシ

17.05/18 演劇集団よろずや「紙屋町さくらホテル」チラシ裏
地図のワンポイント以外はセピア単色にまとめました。二つに折る場合と三つに畳む場合どちらも折り線が文字にかからないようにしているのが小さいこだわり。

劇役サンリズム 正犠論 チラシ

17.04/27 劇役ユニット:サンリズム旗揚げ公演「正犠論」チラシ表
久々にハードボイルドな設定のチラシのご依頼に張り切って、攻めたデザインにしてみました。元来こういう世界観は好きなんですが、実は演劇界ではあまり巡り会わないお仕事なんです。数年前に海外のネットで一瞬流行したTransparent desktopという手法を元ネタに、ネットの世界と現実とか、理想と現実というか、何か少しズレた感じを出してみました。撮影は野外ロケ、ストロボ2台とNDフィルタを使用。

劇役サンリズム 正犠論 チラシ

17.04/27 劇役ユニット:サンリズム旗揚げ公演「正犠論」チラシ裏
白、黒、赤。無駄に広いA3サイズに申し訳程度に散らばる文字と写真。チラシに使った携帯端末に見覚えがないと思った人は正解です。これ○年前の○○の機種だね、と感じる写真がどうにも苦手で海外モデルの携帯を調達してます。プロフィール写真はよくある証明写真タイプのがどうにも好きになれず、好みをかなり盛り込んでイチから撮りました。マグショット風に名前カードを持ってるくせに見せる気があまりないとか、だれもカメラを見ないとか、みんな持ち方がバラバラとか。

第9回奈良演劇祭チラシ

17.04/10 第9回奈良演劇祭チラシ 表面
今年は一層すっきりとフラットに仕立ててみました。現物チラシは角丸カット仕上げなのも相まって、スマートフォンのアイコンのようなテイストに。第9回の9とQをかけて、Q&A=なぞなぞになってます。2人が持ってる虫眼鏡も9だったりします。見渡す限りの雪。でもここも奈良の芝居の地なんです。奈良は広い。

第9回奈良演劇祭チラシ

New!
17.04/10 第9回奈良演劇祭チラシ 裏面

できるだけすっきりかつ「柔らかく」作ってみました。90%以上丸ゴ系フォントで揃えて図表の角も全て丸く。楽しさ。多様さ。それらの受け皿である演劇祭。毎年配ってきたチラシなので、伝統は押さえつつ毎回何か新しい試みを盛り込めるようにしてます。

琉球舞踊 名刺

17.03/26 琉球舞踊 教師 松島文子先生 名刺
紹介のご縁があって琉球舞踊の名刺をデザインしました。下調べして作った習作を初回打ち合わせでお見せしたところとても気に入っていただき、小さな差し換えのみで完成となったとてもスピーディな作品です。

フェローズクライミング

17.03/07 Fellows climbing(フェローズ クライミング)ショップグッズ
奈良県香芝市にあるクライミングジムFellows climbing(フェローズ クライミング)のグッズを一式製作しました。ロゴ製作済の状態からご依頼を戴いてそれ以降、撮影やデザインを一通り担当。
「初心者さんにクライミングを楽しんで欲しい」とビジョンがはっきりしていたので全体に明るくあたたかく、子どもさんもご高齢の方も来やすい雰囲気で。近年流行しているフラットデザイン&グラデーションデザイン寄りにしつつ、ふとしたところに演劇テイストも盛り込みつつ仕上げました。

2017年 年賀状

17.01/06 2017年の年賀状
恒例の手描きスケッチ年賀状。過去何度か描いた春日大社ですが今年は第六十次式年造替の様子を描いてみました。

遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)

16.12/10 劇団EVENT-STATION. sta,33「遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)」パンフレット 表紙
チラシと同一デザインのパンフレットです。もし時間やお金の制約がなければタイトル部分を御朱印帳の判子のように作成して受付で押すとか、過去のタイトルも判にしてあって好きなところに押すなんてアイデアもありました。その中では一番常識的な仕様で仕上がりました。

遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)

16.12/10 劇団EVENT-STATION. sta,33「遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)」パンフレット 中面
歴史物のため関係図風の人物紹介です。パンフ撮影のためだけに衣装の完成を急かすのが僕はどうしても嫌いで、衣装なしで成立するデザインを心掛けました。ランダムにドレープを入れた数本の白布を組み合わせて衣装に見立てて撮影。脚本のテーマに沿って、みんなが仏像のように見えればいいなというコンセプトです。

演劇集団よろずや バイバイ

16.11/18 演劇集団よろずや 第26回公演「バイバイ」チラシ 表
ありがたいことに昨年に続いての再演。表は情報追加のみでデザインは基本そのままです。新たなデザイン観がある自分と、変えないでほしいという要望とのバランス、難しさを感じます。

演劇集団よろずや バイバイ

16.11/18 演劇集団よろずや 第26回公演「バイバイ」チラシ 裏
裏面も基本キープコンセプトです。情報量が膨大で、捌くのが大変なレイアウト。A4サイズの狭さと広さを考え続ける日々でした。

遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)

16.09/19 劇団EVENT-STATION. sta,33「遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)」チラシ外
幅594mm高さ210mm(A4横長x2枚)の折りパンフ仕立てのフライヤーです。
背景は筆で手書きしたものにテクスチャなどを描き込み、人物と土は別撮り合成。暗雲と荒れた山。物語中、積み重なる土が重要なキーになるので全体にかなりウェザリングが強めです。

遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)

16.09/19 劇団EVENT-STATION. sta,33「遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)」チラシ中
このサイズは10年前に「SuperHERO」当日パンフで一度製作しましたが、いつかフライヤーに活かしたいと思い続けるもチャンスがなく、ようやく実現しました。

劇壇北緯一度 銀河旋律

16.09/10 劇団北緯1°第21回公演「銀河旋律」チラシ表
海外転属した伊藤君の紹介で、海外の劇団のチラシを作るという珍しい機会がありました。伊藤君とは前回2008年に作らせてもらった「Mistake Hotel」の宣伝美術以来実に8年ぶりです。写真素材は現地に行けないのでメールで撮り方を指定して各自で撮ってもらった写メールで調達しました。便利な時代になったものです。

劇壇北緯一度 銀河旋律

16.09/10 劇団北緯1°第21回公演「銀河旋律」チラシ裏
表と裏で実像とシルエットが入れ替わって「ずっと会えない」をテーマにしたレイアウトにしています。時代を超越するちょっとSFなストーリーにあわせて、選んだキーカラーは明るめの深黄緑。緑がテーマな点は近作でいうと奈良演劇祭と似てますが、シンプルにまとめた事や国籍が違う事でまたひと味変わって、なかなか面白い仕上がりにできました。

演劇集団よろずや若手番外公演「トランス」パンフレット

16.08/11 演劇集団よろずや 若手番外公演「トランス」パンフレット 表紙
モノクロ写真に白抜きタイトルのみ、ストレートな表紙のパンフレットです。

演劇集団よろずや若手番外公演「トランス」パンフレット

16.08/11 演劇集団よろずや 若手番外公演「トランス」パンフレット 中面
左揃えの外五つ折りを開くとカラーになって、役者3人が空を見ている。
お芝居を観る前は何の意味か全くわからないシンプルさ。舞台を観終わってからパンフを見て何か感じてもらえたら大成功です。この映像はいつなのか。外界とはつながっているのか。3人は幸せなのか。
今回は特に宣伝美術家TOM好みの要素である「読めなくなるタイトル、見えない顔」をふんだんに織り込みました。静かな見所は、閉じても開いても風景としてちゃんとつながっている事。騙し絵のような世界観。

村上佳子ひとり芝居パンフレット

16.07/31 村上佳子ひとり芝居パンフレット 表
ひとり芝居の当日パンフレットです。
前半と後半で全然違う演目2本を演ずること、共演者なしに自分で考え自分でやるということ、それをシンプルに観音開きパンフの表紙にしました。

村上佳子ひとり芝居パンフレット

16.07/31 村上佳子ひとり芝居パンフレット 中
中面は「村上さんの脳内会議」のイメージ。お芝居を演じたいという根源的な感情は「楽しい」だと思うのです。悩みや迷いすら楽しい(だと思う)のです。そんな感じの楽しい脳内です。両袖部分のカットが柔らかい形なのもあわせて女性的&絵本的に仕上がりました。

奈良演劇祭パンフレット

16.06/12 第8回奈良演劇祭パンフレット
数年ぶりに袋仕立てのパンフレットを復活しました。B3サイズの右、左、下を折ることでチラシをまとめています。また上質紙を選ぶことで折りの固さを確保しました。

演劇集団よろずや若手公演トランス

16.05/14 演劇集団よろずや 若手番外公演「トランス」 チラシ表
よろずやの新人3人が挑む戯曲「トランス」のチラシを製作しました。胸にぽっかり開いた穴。周囲の文字が読めないほどに覆い尽くす枝葉。ロケ撮影なのにどこか非現実な風景。外界から切り離された箱庭感。合成であって合成ではないチラシを目指しました。

演劇集団よろずや若手公演トランス

16.05/14 演劇集団よろずや 若手番外公演「トランス」 チラシ裏
宣伝美術担当なりのテーマは「彼らを新人扱いしない」ことです。今時かえって珍しいかもしれない「モノクロ」で静かに鋭く、全力押しで。周囲の文字は表も裏も共通で繰り返し繋がる(上下は半マスずらす)ようになってます。裏と表をランダムに4枚、9枚、16枚張り合わせるとポスターになる趣向です。

村上佳子ひとり芝居

16.05/09 村上佳子ひとり芝居 チラシ 表
ご本人は初の自主企画、そして初のひとり芝居。自分も宣伝美術を20年やって来て初めて、ひとり芝居に関わったお仕事です。一人の「自分」がたくさんの役を演じるイメージから自分の小人をちりばめつつ、本人は寝ているネタです。ひそかな見所は合成ではない本。作り物と現実の境界を曖昧にするアイテムです。

村上佳子ひとり芝居

16.05/09 村上佳子ひとり芝居 チラシ 裏
2本立ての一方の主役は実在の詩人、金子みすゞ。彼女がが書いた詩のひとつに「晝(ひる)の月」があります。白く明るい景色に月のような黄色いしゃぼん玉を配してみました。

第8回奈良演劇祭

16.03/28 第8回奈良演劇祭 チラシ 表
前回A3変型折りだったチラシは今回基本に立ち返ってごく普通のA4仕立てにしました。
今回の撮影のテーマは「楽しむ」。企画自体は演劇に関わる場所を紹介するだけの写真ですが、撮れれば良いで済まさず楽しさが伝わるように考えて多重露光をチョイス(カメラは三脚固定、モデルに即興で次々ポーズをしてもらう撮り方)。本人たちも心から楽しんで撮影できたのでちょっとでも伝われば嬉しいです。
第八回にちなんで、右上ロゴと左下キャッチコピーが読める方向に紙を回すと「八!」になるような仕掛けデザインになってます。

第8回奈良演劇祭

16.03/28 第8回奈良演劇祭 チラシ 裏
裏面はかなり文字多めです。この情報量だとA3にしたいギリギリのライン。
実は企画スタート時は参加団体がはるかに少ない予定で、少なさを「寂しさ」にさせないように色とりどりのレイアウトで進行していたんですが、徐々に団体数が増えてその都度レイアウト修整をしています。結局入稿の寸前には過去最大8団体参加に変更。
デザイン担当としては変更も考えたのですが、やはり削らずに載せてあげたいし印刷もA4のままでギリギリ読めるレイアウトを狙いたい。その結果がこんなギッシリデザインになりました。

劇団〜咲〜 vol.玖 アサシンジャージ対秘密結社サツバツ

16.03/10 劇団〜咲〜 vol.玖「アサシンジャージ対秘密結社サツバツ」パンフ
チラシがイラスト仕立てだったためまるでコミックスの実写化のような苦労があった、当日パンフの一部です。

劇団〜咲〜 vol.玖 アサシンジャージ対秘密結社サツバツ

15.12/20 劇団〜咲〜 vol.玖「アサシンジャージ対秘密結社サツバツ」
劇団〜咲〜の初担当チラシは総イラスト仕立て。こういうテイストは初めてです。アメコミテイストに、スタジオTriggerのアニメ風にとご要望いただいての仕上がりです。リアルタッチの絵や簡略画は何度かありましたがここまで「イラスト」ありきのデザインは今までに経験がなく、当然難航し、1ヶ月ほどかかって描きなおしました。

劇団〜咲〜 vol.玖 アサシンジャージ対秘密結社サツバツ

15.12/20 劇団〜咲〜 vol.玖「アサシンジャージ対秘密結社サツバツ」
ロゴの描き起こしにもこだわりました。作り物のロゴは懐かしの「SuperHERO」を思い出しますね。隙間恐怖症かというレイアウト。

双極やがて掌をさす

15.12/20 劇団EVENT-STATION. sta,31「双極やがて掌をさす」パンフレット
パンフレットはチラシから一転、シンプルに仕上げました。A4x三連サイズ。

言ノ葉結び(ことのはむすび)

15.12/20 結奈 2nd mini Album 「言ノ葉結び(ことのはむすび)」CDデザイン
昨年の1st mini Album「さよならの続き」に続いて、撮影とデザインを担当。インディーズ発売ではありながら完成度において自分史上で一番店頭流通していそうなデザインになりました。前回はCDの地の色を虹に見立てましたが今回はシャボン玉です。
夏期休暇を利用して東京でのロケ撮影、そしてデザインまで、初めて外に出るCDということで持てる全力で取り組んだデザインです。

激富2015 ZEN -filled with ZEN- 販売用パンフレット

15.11/20 激富2015 ZEN -filled with ZEN- 販売用パンフレット
2年ぶりに激富さんのパンフレット製作を担当しました。仕立ては基本シンプルながら対談収録コーナーは読みやすく、配役紹介コーナーはどんな関係なのかを位置で伝えるように(と、努力して)作りました。表紙は内容と一転して派手に、明るく。ダークなチラシと全く違う明るい配色の表紙に劇団側も戸惑っただろうと思います(実際に)が、これがこの芝居の持つ「底明るさ」だと信じ採用。結果、外と中の落差が(自分には)心地よく(感じたので)、(たぶん)成功した(だろう)と思います。

激富2015 ZEN -filled with ZEN- 販売用パンフレット告知

15.11/20 激富2015 ZEN -filled with ZEN- 販売用パンフレット告知チラシ
自身としては初で、販売パンフの告知を当日配付しました。長年やりたくてもなかなか準備に手が回らなかったチラシでもあります。従来も立ち読み歓迎スタイルで販売していましたが、これなら立ち読みに行かなくても雰囲気が立ち読みできる。受付の混雑緩和にも効果があり、売れ行きも安定していました。余裕があればお勧めしたいツール。

園芸会社のチラシ

15.11/20 園芸会社のチラシ
読みはよく似てますが演劇ではなく園芸のチラシ。明るめに&楽しく、庭の手入れを頼んだことがない若い世代が読む気になるようにご注文いただいて仕立てたチラシです。ふだん演劇以外のフィールドは基本お断りしているんですが、たまにですが、こんなものも作ってます。

双極やがて掌をさす

15.10/31 劇団EVENT-STATION. sta,31「双極やがて掌をさす」チラシ(外)
開き観音折りで、折り目を6mmほど空けてあります。閉じているとキャッチコピー前半が見える状態。

双極やがて掌をさす

15.10/31 劇団EVENT-STATION. sta,31「双極やがて掌をさす」チラシ(中)
センターから開くとキャッチコピー後半が読めるように。人物にこちらがガッと近付くような、映画のフレーミングみたいな気持ちで作りました。題字の強さが出るようにシンプルに。

朗読

15.09/22 朗読イベント「袈裟と盛遠」フライヤー1
朗読らしさを出したく、ほぼ文字だけで構成しました。つや消しで裏面が透けて見える紙を使って、両面からプリントしています。

朗読

15.09/22 朗読イベント「袈裟と盛遠」フライヤー2
開くとあらすじが現れ、少しにじんだ文章にタイトルが重なります。

朗読

15.09/22 朗読イベント「袈裟と盛遠」フライヤー3
さらに開くと公演情報。全体に黒と朱のみで構成。

朗読

15.09/22 朗読イベント「袈裟と盛遠」フライヤー4
裏表紙は夜空に浮かぶ月蝕。ちょっと綺麗に無気味に。演劇公演へは挟み込みしない条件だったので公演関連のフライヤーではちょっと珍しいA4の三つ折りサイズに。

結奈 2ndレコ発

15.09/15 レコ発イベント告知フライヤー
夏の撮影から時間をかけて仕上げたCDに合わせて、発売告知イベントのフライヤーもデザインさせてもらいました。未使用カットがここで活きました。

バイバイ vol.24 パンフ

15.08/19 演劇集団よろずや第24回公演「バイバイ」パンフ
東京公演と広島公演で共通デザインとなるパンフレット。
基本デザインは前作から大きく変えていません。写真撮り直しにあたってカメラマンが今作から代替わりしたので、撮り方を指定するなどして大きくイメージがずれないようにしました。

青眉のひと vol.25 チラシ

15.08/19 演劇集団よろずや第25回公演「青眉のひと」チラシ表
前回公演から4年を経ての再演。自身もこの作品は三度目となる再演チラシです。
基本デザインは替わっていませんので解説は初作(2010年)のものをどうぞ。

青眉のひと vol.25 チラシ

15.08/19 演劇集団よろずや第25回公演「青眉のひと」チラシ裏
前回公演から4年を経ての再演。自身もこの作品は三度目となる再演チラシです。
基本デザインは替わっていませんので解説は初作(2010年)をどうぞ。

EVENT-STATION. sta,30 釈迦ケ嶽の迷ひ寺パンフ

15.07/04 劇団EVENT-STATION. sta,30「釈迦ケ嶽の迷ひ寺(しゃかがたけのまよいでら)」パンフ外面
チラシに倣ってモノクロに限りなく近いカラーパンフ。実物は三つ折りです。詰め込むのを止めた質素なパンフは自分にはとても新鮮。

EVENT-STATION. sta,30 釈迦ケ嶽の迷ひ寺パンフ

15.07/04 劇団EVENT-STATION. sta,30「釈迦ケ嶽の迷ひ寺(しゃかがたけのまよいでら)」パンフ中面
文字を霧に見立てた以外はシンプルに仕立てました。衣装無しで撮影したのは配役変更があり得た事情に配慮して。その分ライティングや角度など「揃える」ことに配慮してます。デザインがやりたいことが全てとは限らない、主役はパンフじゃなくて舞台。演劇が総合芸術とはよく言われますが、宣伝美術がどうするのが一番良いのか一生さがし続けることになりそう。

EVENT-STATION. sta,30 釈迦ケ嶽の迷ひ寺

15.04/29 劇団EVENT-STATION. sta,30「釈迦ケ嶽の迷ひ寺(しゃかがたけのまよいでら)」チラシ表紙
第30回にあたる記念公演にあわせて作り込み(描き込み)ました。だいたいが絵です。表紙に顔とタイトルがない表現が大好きです。

EVENT-STATION. sta,30 釈迦ケ嶽の迷ひ寺

15.04/29 劇団EVENT-STATION. sta,30「釈迦ケ嶽の迷ひ寺(しゃかがたけのまよいでら)」チラシ中面
絵部分はPILOT Hi-TEC-C 0.4mmで描きました。タイトルは毛筆。水墨画のような、漫画のような、写真のような、挿し絵のような。絵で表現する演劇のチラシは今までにもたくさんありましたが、あまり見かけない世界観を目指しました。

EVENT-STATION. sta,29 白紫

15.04/09 劇団EVENT-STATION. sta,29「白紫」チラシ 表面
何作か続いている和物舞台のチラシですが、劇団側も今までの和物舞台とはかなり趣向を変えた作品を準備していたのでこちらも路線をガラッと変えてみました。動から静へ。いつもながらスタジオなど使えないので、脚立を持ち込んで自室で真俯瞰撮影しています。

EVENT-STATION. sta,29 白紫

15.04/09 劇団EVENT-STATION. sta,29「白紫」チラシ 裏面
裏面は基本モノクロデザイン。人物はかすかに色がついてます。月や太陽はモチーフとして頻繁に使うので、気を抜くと似た表現になりやすいです。ふと気が付くと目の前に広がる、綺麗だけど気持ちの悪い月。

第7回奈良演劇祭

15.04/09 第7回奈良演劇祭 チラシ 表面
奈良演劇祭初のA4サイズ以外のフライヤーです。A3変型サイズでをずらして折った状態のA4サイズで配布されます。第7回にちなんで7本の縄跳びを虹に見立てました。

第7回奈良演劇祭

15.04/09 第7回奈良演劇祭 チラシ 中面
ずらし折りのフライヤーを開くと参加者の方々が縄を跳ぶという趣向。
「個々の劇団に橋を架ける、繋ぐ」奈良演劇祭のイメージや、趣向の違う劇団が一堂に会して楽しむ雰囲気=縄跳びで考えてます。次回第8回はこの「7」のアイデアは使えない。今しかできない事を今やる。それが良い。

ライダーズカフェうまうま

15.03/15 ライダーズカフェうまうま チラシ
ふだん作るのは演劇のチラシがほとんどですが、縁あってはじめて飲食店の告知チラシをお手伝いしました。せっかく初めてなので写真撮影からできるだけ全力でやってみました。演劇と違って「作風」とかはほとんど入れず、オーソドックスに、ていねいに。元から決まっているお店のロゴや内装とうまく揃えつつ。メニュー撮影、力込めまくりました。おいしそうです。

演劇集団よろずや バイバイ

15.03/15 演劇集団よろずや 第24回公演「バイバイ」チラシ改定 表
年末に製作した仮チラシの情報が出そろって作りなおしたバージョンです。表は情報追加のみでデザインは基本そのままです。

演劇集団よろずや バイバイ

15.03/15 演劇集団よろずや 第24回公演「バイバイ」チラシ改定 裏
年末に製作した仮チラシを出そろった情報にあわせて作りなおしたバージョンです。仮チラシと比べて会場情報が2つぶん掲載となり、出演者さんやスタッフさんの名前を掲載、チケット予約方法、QRコード追加などなどかなり内容が変わりました。仮チラシと同じ写真素材を使い画像サイズはより大きくしながらも「地」扱いにしたことで、文字のエリアはむしろ広くとれているのがポイントです。スポーツ雑誌なんかでよくある使い方。

年賀状2015

15.01/01 2015年の年賀状
今年の年賀状も、昨年に続いてならまちシリーズ。またまた手描きです。今年は手貝町にある造り醤油のお店「向出醤油」さんの店先です。いつも自宅の醤油はここ向出醤油の濃口「宝扇(ほうせん)」を使ってます。

演劇集団よろずや バイバイ

14.12/04 演劇集団よろずや 第24回公演「バイバイ」チラシ
2013年に上演した作品がふたたび広島にて再演されることになり、チラシを再制作しました。

五月雨の夜に吼える犬パンフ

14.11/09 EVENT-STATION. sta,28 「五月雨の夜に吼える犬」当日パンフレット
表紙はおとなしく、内面は暑苦しく(面積は表紙の8倍)仕上げたパンフレットです。今回は特に舞台に負担をかけないよう心掛けました。衣装製作と小道具を急がせず、撮影は順調に、製本に手助けを必要とせず、予算内に収める。これらにはもう少し改良の余地があって、これからが楽しみです。デザイン的奥ゆかしさはほぼゼロです。

五月雨の夜に吼える犬チラシ

14.09/15 EVENT-STATION. sta,28 「五月雨の夜に吼える犬」チラシ表
タイトルロゴと写真に力を注いだEVENT-STATION.のチラシ。両端部はDIC銀を引き、その下に白黒で透かし模様を入れてあります。モニタでは分かりにくいですが実物は銀ベタにうっすらすかし彫りが入ります。夜の文字が一番気に入ってます。自分の作風・くせが色濃く出たタイトルになりました。

五月雨の夜に吼える犬チラシ

14.09/15 EVENT-STATION. sta,28 「五月雨の夜に吼える犬」チラシ裏
雨をテーマに、雨垂れと波紋で。かなり色々試して悩んで、最終的に一周しました。とにかくシンプルに。一番時間がかかったのはタイトルを書く作業。途中思った字が書けず放置した期間があり、結局3ヶ月ほどかかりました。

五月雨の夜に吼える犬中吊り

14.09/15 EVENT-STATION. sta,28 「五月雨の夜に吼える犬」電車中吊り広告
上記チラシデザインを阪堺電車の車内広告用にアレンジしたものです。中吊りのデザインは初めてでしたが、チラシと同じに見えて実は違うことも多く、やりがいがありました。

盆がえりパンフレット

14.08/17 演劇集団よろずや第23回公演「盆がえり」パンフレット
冒頭シーン、一人段ボールの山を片付けている主役。平台と段ボールしか無い舞台に合わせてパンフレットも段ボール型にしました。客席に置いておけばホール中が段ボールだらけに。中面デザインはその片付けの手を止めて見ていたアルバム、を模しています。そこは舞台を観た人にしかわからないのであえて掲載しませんが、演技とリンクして追体験してほしいパンフです。

盆がえりパンフレット

14.08/17 演劇集団よろずや第23回公演「盆がえり」パンフレット(配付の様子)
上記パンフレットを客席に置いた様子です。欲を言えば本物の段ボール箱で作りたい!その夢
は次にとっておきましょう。

シカクの部屋

14.08/03 劇団転機予報 第3転機「□の部屋(シカクのない部屋)」チラシデザイン表
前作から一転して心象的な作品「□の部屋」(これで読みは「シカクのないへや」です)のチラシデザインです。朝なのか昼なのか夜なのか、写真なのか作り物なのか、むしろどっちが上なのか下なのか。何もかも曖昧な仕立てにしてます。役者さんにジッと立ってもらって、カメラを動かしながら一部分ずつ数十枚ほど撮った写真をつなぎ合わせて作ってます。

シカクの部屋

14.08/03 劇団転機予報 第3転機「□の部屋(シカクのない部屋)」チラシデザイン裏
表の不穏さを疑うような、一見爽やかな裏面。でも読みにくい形状、かつ未完結のあらすじ。タイトルは裏返ったまま。どこなんだここは?いつなんだこれは?表と裏で気になるのは白い「□」だけ。程よい不可解さって難しいですね。

CD冊子デザイン

14.07/23 「さよならの続き」12cmCDデザイン(表紙)
知り合いの結奈さんに依頼を受け、初の販売楽曲となる1st mini album「さよならの続き」CDデザインを担当しました。大阪と東京の劇場限定・枚数限定で販売しましたが1会場めでほとんど売り切れたようです。

CD冊子デザイン

14.07/23 「さよならの続き」12cmCDデザイン(冊子)
歌に数回登場する「虹」「時間の流れ」を全体のテーマに、4曲が一枚で繋がる虹のイラストを描きました。歌詞カードは7ページがパノラマに繋がった変型ジャバラ折り(加工サイズオーバーのため手折り仕上げです)。CD盤のレーベルは一部インク無し(透明)にして「虹色」に見立てました。

政十郎見参!パンフレット

14.06/17 劇団EVENT-STATION. sta,27「政十郎見参!」パンフレット
いつもの当日配布パンフ、今回も製作しました。チラシではストーリーが未完だったため仕上げられなかったところに手を加えています(タイトルを手書きにしたりキャラクターイメージで赤ベタを使ったりなど)。チラシがこんな方向だったらベストだったなあという理想デザインを投影してます。上へめくると政十郎が飛び上がる小さい仕掛けがお気に入り。

演劇集団よろずや第23回公演「盆がえり」

14.04/15 演劇集団よろずや第23回公演「盆がえり」チラシ表
三姉妹によって淡々と綴られる日常の一コマ、の芝居のチラシデザインです。色合い調整や細かい画像処理をできるだけ目立たないようにかけたので、撮ったままの写真に見えるけど何かが綺麗な雰囲気にできました。夏の夕暮れっぽさを基調に。

演劇集団よろずや第23回公演「盆がえり」

14.04/15 演劇集団よろずや第23回公演「盆がえり」チラシ裏
並木と文字で三姉妹を包み込む為に、枝振りや背景をかなり画像処理で変えてます。ひたすら落ち着いた雰囲気にしたくてあらすじレイアウトも抑揚を抑え、情報欄もシンプルな水平基調のみにしました。美しい色が出せて、最近作ったチラシ裏面の中でもお気に入りのひとつです。

劇団転機予報 銀河規模における

14.04/08 劇団転機予報 第二転機「銀河規模における、重力と恋愛に関する考察」チラシ表
宇宙、恋愛、コメディ。深いめのピンクとイエローでデザインしてみました。大判ハガキサイズです。縦方向に長いことがA比率を見慣れた演劇チラシの中では新鮮です。結果的にサイズも色合いも店置きをお願いしやすい、チラシというより「フライヤー」な仕上がりになりました。

劇団転機予報 銀河規模における

14.04/08 劇団転機予報 第二転機「銀河規模における、重力と恋愛に関する考察」チラシ裏
裏面はハガキ宛名面になっています。郵便の規定で「宛名面にデザインを載せる場合は下半分まで」となっているので無難にこんなレイアウト。突っ込みどころは右部分のゆるーい劇団略歴でしょうか。

シバの町&政十郎見参!

14.03/27 劇団EVENT-STATION.sta,26「シバの町」 & sta,27「政十郎見参!」合同チラシ
二ヶ月連続公演のチラシを一枚にデザインしました。どちらもエンタメ和物芝居ですができるだけ2作品の雰囲気が変わるように仕立てています。コミカルとシリアス、ライトとヘビー、トラディショナルとサイバー。

シバの町&政十郎見参!

14.03/27 劇団EVENT-STATION.sta,26「シバの町」 & sta,27「政十郎見参!」合同チラシ
二ヶ月連続公演なのでそれぞれの情報を「どう切り分けるか」を考えましたが、「分かれつつ融合させる」方向に落ち着きました。根っこにあるストーリーも一部リンクする予定のようですし、そもそもひとつの劇団ですから繋がっている方が自然かなと。モノクロまとめにしつつ各公演のカラーでうっすら分離させてあります。

ボイスサンプルCDジャケット

14.02/04 ナレーター用 ボイスサンプルCDのジャケットデザイン
今年事務所から独立してフリーになったナレーター窪田涼子さんのサンプルCDジャケットをデザインしました。ボイスサンプルというだけなら今はYOUTUBEかダウンロードで事足りるんですが、そんな今だからこそ持って帰りたくなるCDが欲しい。というリクエストに、持ち歩きやすく内容が気になるようにと仕立てました。CD面には印刷を使わずスタンプと御本人の手書きの日付で、人柄も出せたら良いなと。演劇とはまた違うアプローチ。連絡先もこのまま掲載OKとのことでしたのでナレーターご相談があればお気軽にどうぞ。

クモのイト

14.01/21 劇団転機予報 旗揚げ公演「クモのイト」 チラシデザイン
ピンチヒッターとして、急きょ旗揚げ公演のチラシを引き受けました。芥川龍之介の小説を下敷きに創作したお芝居。善と悪、生と死。ふたつを分けるのは何だろう。初舞台でも遠慮のないしっかりとしたテーマの脚本に合わせて白と黒の直球デザインにしました。

年賀状2014

14.01/13 2014年の年賀状
今年の年賀状も、昨年に続いてならまちシリーズ。手描きです。油性マッキーで線描して、CG彩色です。

Artist Unit_イカスケ_田所クライシス2nd

13.12.01 Artist Unit イカスケ「田所クライシス セカンドインパクト」チラシ表
「14人がマスクを取って取られるコメディ」をストレートに表現したい。ただし、チラシの撮影には3人しか集まれない。まだタイトルぐらいしか決まってない。さあどうする?そんな条件を逆手に取って、「自分が自分のマスクを取る!」など合成で遊びつつ3人には見えないよう仕上げました。丸付き数字のふざけぐあいとか、100円ショップで揃えた安い小道具がいい味出てます。キーワードは「楽しそう」。

Artist Unit_イカスケ_田所クライシス2nd

13.12.01 Artist Unit イカスケ「田所クライシス セカンドインパクト」チラシ裏
奈良の舞台ですが、かなり多くを大阪のお客さま向けに宣伝しないといけない、という特殊な事情だったので、表でも裏でも「遠くない」「高くない」「本編が気になる」ように感じてもらうように仕立てました。割と多い文字情報、に負けない光るマスクは完全に「ノリ」です。今回は下部のcorich帯がどうしても必要だったので、周囲が馴染むような配色にしてます。

おさらい会

13.12.01 日本舞踊「おさらい会」チラシ
知り合いからお声を頂き、身内の発表会に使うチラシを製作しました。※内容がお名前や連絡先ばかりになりますのでデザインの掲載はしていません。

Psyborg Papa

13.11.21 W.strudel第2回公演「Psyborg Papa」チラシ表
しばらく和物のデザイン製作が続きましたが、一転して未来感あふれる映画調のチラシ製作となりました。このサイズではわかりにくいですがキャッチコピーには細かく崩れるような処理をかけています。周囲から照らされるようなライティング、最近のお気に入りです。

Psyborg Papa

13.11.21 W.strudel第2回公演「Psyborg Papa」チラシ裏
裏はすっきりとシンプルにしつつ「青透明」をキーにしてレイアウトしました。

EVENT-STATION.sta,25 防人の剣

13.11.21 EVENT-STATION. sta,25「防人の剣」パンフレット
配布パンフですが気合い入れました。都を囲む「門」を表紙にし、観音開き。本文ページは中とじ製本。別パーツで発注して手作業で綴じてます。月の明かりがデザインのキーになってます。

n.p.c.3 HANAMIZUKI

13.11.21 n.p.c.3rd stage「HANAMIZUKI 〜try again〜」パンフレット
表紙は女性のたもとと、指。シンプルです。裏表紙まで開いてみると、この芝居の重要なシーン(背中に文字を書く)だったのがわかります。冊子全体でライティングを揃えてあるのがポイント。日をまたぐとこれが結構大変なんです。(内容はあえて掲載無しです)

土方スリッパ

13.10/07 劇団挫折 久々公演「SSG 土方スリッパ」片面チラシ
歴史物のチラシ制作が3つ続きました。するとなおさら似たものを仕上げるわけには行きません。それぞれの団体色を加味して、いかに「違った作風」に出来るか?を重視して仕上げた、最後の3作目がこちらになります。全力でライトに、もしくはヘビーに。SSGは新撰組を表すそうです。こんな新撰組見たことない。

EVENT-STATION.sta,25 防人の剣

13.09/20 EVENT-STATION. sta,25「防人の剣」チラシ表
初めてのB4サイズカラー2つ折りチラシ、初めての特色(DIC赤金色)指定です。今やりたいことを全部盛り込んで作りました。おそらくめったにないであろう背景の撮影技法を駆使してます。それはなんと・・・スイングパノラマ!日程の関係で人物は合成です。

EVENT-STATION.sta,25 防人の剣

13.09/20 EVENT-STATION. sta,25「防人の剣」チラシ裏
初めての両A面(風)デザイン?こちらの劇団は毎回両A面風デザインが多いので、なぞってこうなりました。裏面なのにあくまで写真が主体、文字が追いやられるというのも演劇の宣伝美術にはあまりないことかもしれません。そんな高尚なものじゃないですが。どストレートに。

ウルトラエンジン改ケンジ先生

13.09/07 熱血エンターテイメントウルトラエンジン改「ケンジ先生」パンフ表
チラシ(下段掲載)をデザインしたときはスケジュールの問題で人物撮影が一切出来なかったので、撮影できていたらこうしたかった!な理想をパンフ表紙にしてみました。王道ですが子どもがターゲットなのがよく伝わるし、「楽しい!」感覚だったり、「先生」や周囲の雰囲気も感じやすいし。セオリーではありますが特にこういう作品では「人物」って強いですね。

ウルトラエンジン改ケンジ先生

13.09/07 熱血エンターテイメントウルトラエンジン改「ケンジ先生」パンフ中
コルクボードにイラストや写真を貼付けして手作りしたパンフ中面です。ケンジ先生の宣伝美術担当は人生2度目で、前回と全然違うものが作りたく、考え、こうなりました。子供が頑張って作った学級新聞(壁新聞?)なデザインを目指しつつ。意外とイラストが好評で、もっと絵だらけにしてカオスでもよかったかもしれません。

演劇集団よろずや 22 バイバイ

13.08/24 演劇集団よろずや 第22回公演「バイバイ」パンフレット表紙
旧広島市民球場をバックに、9回裏最後の一球を投げようとする津田投手のイメージで。時計は津田さんが亡くなられた時刻にすることで、このシーンが「最期の」一球であることも表しています。

演劇集団よろずや 22 バイバイ

13.08/24 演劇集団よろずや 第22回公演「バイバイ」パンフレット中
パンフを開くと、ビュンと伸びてくるストレート。シンプルなデザインです。表紙・中とも現実にない物が多かったのですが、手描きで表現したことでかえって写真より良い雰囲気にできたように思います。

n.p.c.3 HANAMIZUKI

13.08/03 n.p.c. 3rd stage 「HANAMIZUKI 〜try again〜」チラシ表
初演から20年、このn.p.c.プロデュースで3度目の上演となる演目「ハナミズキ」のチラシを製作しました。同一人物を2回撮影して背中合わせに。ピンクでいて悲しい雰囲気のカラーリング。

n.p.c.3 HANAMIZUKI

13.08/03 n.p.c. 3rd stage 「HANAMIZUKI 〜try again〜」チラシ裏
眼に映る炎と砂浜。全体に菱形で揃えつつ砂時計っぽいイメージで二分してみました。

ウルトラエンジン改ケンジ先生

13.07/21 熱血エンターテイメントウルトラエンジン改「ケンジ先生」チラシ表
今まで舞台撮影で参加してきましたが今回初めて宣伝美術を引き受けました。本番間近ではありましたがピンチヒッターとして急きょ製作。楽しさとエネルギーを子供に伝わる感じで。

ウルトラエンジン改ケンジ先生

13.07/21 熱血エンターテイメントウルトラエンジン改「ケンジ先生」チラシ裏
裏は絵本のよう。過去の舞台写真を当時のチラシのテーマ色でくくって、色とりどりにしてみました。今作では「バラバラの色」がキーになるのでこんな感じに。

演劇集団よろずや22 バイバイ

13.04/27 演劇集団よろずや 第22回公演「バイバイ」チラシ 表
2011年に上演したバイバイが広島と大阪の2会場公演として再演されることになり、前回の第4弾デザインからリファインして製作しました。見た目が似ていても、2度目であるからには同じでは済みません。

演劇集団よろずや22 バイバイ

13.04/27 演劇集団よろずや 第22回公演「バイバイ」チラシ 裏
裏面は特にデザイン変更しました。2会場に増えた→日時も会場案内も2倍に。掲載する推薦文が入れ替わったこともあってほとんど作り直してます。

バンタムクラスステージ CXXX

13.03/26 バンタムクラスステージ第X回公演「CXXX:PIEDPIPERs ハーメルンの記憶」受付POP
ただパンフを作るだけ、というのは性にあわないので。受付周りのPOPを作ってプレゼントしました。会場の弁天町世界館は良い雰囲気なんですがいかんせんロビーがうす暗くて掲示物が目立ちません。なので逆手に取って、POPをライトアップして目立たせてみました。A3プリントを8枚繋いだサイズ。

バンタムクラスステージ CXXX

13.03/26 バンタムクラスステージ第X回公演「CXXX:PIEDPIPERs ハーメルンの記憶」パンフレット
激富2011の「夏嵐」でご一緒した福地教光さんからお呼びいただき、当日パンフレットをデザインしました。劇団にとって大阪最後の公演。ハードボイルドでサイバーで未来の日本。現実の人物とコンピューターの世界の人物が入り混じる設定を画面の向こう側・こちら側に見立てて、表紙は主役が画面にタッチしています。つまりこちら側がコンピューターの中。本文デザインはあえて未掲載にしています。

奥野恵プロデュース 男人禁制!

13.02/24 男人禁制! 当日パンフレット(アドバイス)
前回のEVENT-STATION.でご一緒した奥野恵さんのプロデュース公演に、デザインのアドバイスをしました。チラシ助言と当日パンフレットサポート。お金をかけず、ちょっと不思議で、女の子らしく、可愛らしく、でも最後までは分からない。そんな雰囲気を目指しました。あくまでサポートだけなのでここに載せるのはおこがましい、なのでコメントだけ。

激富 2013 AngelFang 天使の牙パンフレット

13.02/09 激富2013 「AngelFang-天使の牙-」 当日パンフレット
昨年までのパンフは衣裳写真を掲載してきましたが、今回趣向を変えて完全オフショットパンフレットにしました。ロケ撮影も自分で、レイアウト編集も自分で。表紙の羽根も東急ハンズで買ってきて自宅撮影。裏表紙は白黒反転させて白羽根にしてます。文章量で最大3倍ばらつきがあった役者コラム欄をそう見えないよう整えるのが、実は大変だったりしました。

年賀状2013

13.01/21 2013年の年賀状
今年も年賀状はアナログから始めよう!と思い、手描きにしました。春日大社の水彩画+油性色鉛筆の重ね塗りです。

Angel Fang -天使の牙-

12.12/31 激富「Angel Fang-天使の牙-」フライヤー表
最近続いた戦国時代ものよりも、ぐっと昔のイメージ。緑と土と血の世界。

Angel Fang -天使の牙-

12.12/31 激富「Angel Fang-天使の牙-」フライヤー裏
今見返すと今年はどんどんシンプルになっていったなと思います。そうでもないか。

EVENT-STATION.「屍螢」

12.12/02 event-station. 第22回本公演「屍螢-Shikabane Hotaru-」当日パンフレット中身
下段パンフレットの見せ場、見開きページの様子です。4ページ分のパノラマビューで全員集合にしました。ライティングは色々試した結果、舞台照明風に上下色違いのSSライトっぽくしてます。フラッシュは基本2台、最大3台。絵巻物風に。

EVENT-STATION.「屍螢」

12.11/27 event-station. 第22回本公演「屍螢-Shikabane Hotaru-」当日パンフレット表紙
サイズこそA5版ですが、やりたい放題やりました。表紙は34.5kgの超薄紙に裏打ちで印刷し、カスミの向こうに蛍が飛んでいるような風合いに。表には練り朱肉で判押し。綴じは長年の夢だったミシン綴じで、しかも上糸下糸を黒ラメと赤ラメで色違いにし切りっぱなしで糸を残してあります。内容はここには載せていませんが合計20Pで、一部に二重巻き折りを含みます。版が小さいから+趣味だからできた、今だからこそのデザインです。

演劇集団よろずや 義朝記

12.11/27 演劇集団よろずや 第21回本公演「義朝記」当日パンフレットデザイン
今回は撮影、特にライティングにこだわりました。20名超のキャストをきっちり揃えたライティングで撮ると、派手なデザインは何もしていないのに圧巻です。表紙のライティングはさらにアクセントをつけ、反逆光にしてあります。親子の血縁の宿命を描いた舞台から、向かい合う仏像のイメージで。

上田青耀会 チラシ

12.10/08 能楽太鼓教室「金春流上田青耀会」チラシ
2012年一作目の上田江月会さん(画像)に続いて上田青耀会さんのチラシも製作しました。代表さんがご兄弟というご縁で連作できました。ぜひ二つ並べて置きたいチラシです。このまま能楽全種揃えてみたいなど夢が広がりますね。

JDVA デフバレー日本代表応援

12.10/08 JDVA デフバレー日本代表チーム応援フライヤー
聴覚障がい者のバレーボール「デフバレー」日本代表選手を応援するフライヤーをデザインしました。

演劇集団よろずや第21回本公演 義朝記チラシ

12.08/15 演劇集団よろずや 第21回本公演「義朝記」チラシ表
源氏と平家の静かなるも壮絶な確執を描いた舞台のチラシです。全体を仏教的なイメージでまとめてみました。抽象的にもやもやと。

演劇集団よろずや第21回本公演 義朝記チラシ

12.08/15 演劇集団よろずや 第21回本公演「義朝記」チラシ裏
元となる脚本は1922年に英語で書かれたもの(=日本語訳にて上演)だったので和洋織りまぜた裏面になりました。初演がA3チラシだった事もありA4サイズにしては本文の文字数がかなり多く、読めるようにするのに苦労しました。

激富2012 秀吉死す!パンフレット

12.07/16 激富2012 「秀吉死す!」パンフレット
昨年の夏嵐に続いて今回もパンフレットを製作しました。A4横とじで20ページ+カラー仕上げ、出演者全員の写真を掲載。

triangle 表

12.06/18 Naka-soichiroプロデュース「トライアングル」チラシ表
A4に見えますが変倍サイズのデザインです。ポイントは手描きのタイトル。ちょっと古代めいたロストテクノロジーな感じにしたくて、既製フォントでは物足りず一から作字しました。上?下?空間的天地を分かりにくくして、ふわふわした雰囲気の写真。

triangle 裏

12.06/18 Naka-soichiroプロデュース「トライアングル」チラシ裏
裏面はシンプルに。縦長の紙面サイズのおかげでエリアが縦方向に整理しやすかったです。

第4回奈良演劇祭パンフレット

12.06/10 第4回奈良演劇祭 当日パンフレット表紙
今年で3度目の製作となる演劇祭当日パンフ。今まではデータ画像を載せてましたが、あえて実物写真にしてみました。演劇関係者様、この折り方はオリジナルで考案しましたので、ぜひ盗んで下さい。お客さんに優しい、チラシがばらけない袋状パンフです。ノリ止めホチキス止めなし。紙は一枚だけ。お財布にも優しい。

第4回奈良演劇祭パンフレット

12.06/10 第4回奈良演劇祭 当日パンフレット中身
中はコストと読みやすさのためモノクロ仕上げ。6団体の情報が一度に見られる一覧性の高さがあり、持ち帰る時はたたんで袋にできます。

激富 秀吉死す! 本チラシ

12.04/23 激富2012 「秀吉死す!」本チラシ
昨年の仮チラシに続き、本チラシのデザインを担当しました。今回は派手でもありつつシンプルに。と気をつけて製作していたはずがいつの間にかてんこ盛りになってしまいました。相変わらずなんでも手描きです。ほぼ同デザインでポスターも製作しました。

激富 秀吉死す! 本チラシ

12.04/23 激富2012 「秀吉死す!」本チラシ裏面
裏面は赤を軸にして作ってみました。激富前作チラシは詰め込み過ぎて読みにくかったので少しゆとりを持たせています。しかし今度は味気ない・・・ちょうど良いさじ加減とはなかなかつかめないものです。

4演目 青眉のひと 本チラシ

12.04/03 演劇集団よろずや第20回本公演 「青眉のひと」チラシ表
前回3度目の再演に続き、4度目の再演もチラシのデザインを担当しました。基本的に3度目のチラシのデザインが好評だったので大きな変更はありません。

4演目 青眉のひと 本チラシ

12.04/03 演劇集団よろずや第20回本公演 「青眉のひと」チラシ裏
前回3度目の再演に続き、4度目の再演もチラシのデザインを担当しました。基本的に3度目のチラシのデザインが好評だったので大きな変更はありません。

第4回奈良演劇祭

12.04/22 第4回奈良演劇祭チラシ表
今年も奈良演劇祭チラシのデザインを担当しました。ジャンプしながら足で4の字を描いてます。撮影場所が急に変更になったりと大変でしたが、モデル二人が心から楽しんでくれたことが最大のスパイスになりました。楽しんでいること、それが一番伝わってほしいこと。

第4回奈良演劇祭

12.04/22 第4回奈良演劇祭チラシ裏
裏面は基本的に前年の形のままです。期日や内容などいろいろと扱いにくい条件が多く苦労しました。あまり納得できてないけれど、これも現実。

オヅの魔法使い

12.03/06 A.I.FILMs 「オヅの魔法使い〜ドロシイ監禁地獄!〜」チラシおもて
急に東京での公演が決まり、「時間はあまりないですが是非お願いします」と石田アキラさんから直接依頼いただいたお仕事です。下段の劇人と製作日程がかぶりながらも、作風は真逆。撮影もデザインも急ピッチで進行。基本段ボールで手作りしたユルい文字、漫画さながらの涙、シンプルな真っ黄色がポイント。

オヅの魔法使い

12.03/06 A.I.FILMs 「オヅの魔法使い〜ドロシイ監禁地獄!〜」チラシ裏面
裏はとんでもないぐらいカオスなレイアウトです。コメントが予想より多くなり、でも削除はしたくなく、ぎゅうぎゅうに詰めたレイアウトに。黄色と黒のカラーリングは過去にも2〜3作ありますが、テイストが全く違っているのが見どころ。コミカル!

劇人

12.03/06 劇人2012「さい・あい」 DMデザイン
5年ぶりの公演が決まった「劇人」の宣伝美術を担当しました。劇人は無料で公演することが前提の舞台。予算規模も客席数も少なくなるからこそ「できる」ことを目指しました。今回はチラシを作らずDMのみ。シンプルです。

ホームページデザイン

12.02/14 公式サイトデザイン(声優・野田順子さん)
ひょんなことでご縁があってホームページデザインを担当しました。見た目のデザインよりページ構成の調整・編集に多くの時間をかけ、ページ数をすっきりシェイプアップしています。
リニューアルにあたって最大の課題は「ご本人が編集できること」だったため旧ページのHTML+CGIの構造は諦め、PHP+twitter+RSSリーダーの3つで再構成しました。この結果iPhoneだけでもほとんどの編集ができるようになりました。実際のページはこちら

上田江月会

12.01/31 能楽小鼓教室「大倉流上田江月会」チラシ
新春一作目は鼓(つづみ)のお稽古の二つ折りパンフレットです。左が表。小鼓を見たこともないような人が興味を持ってくれるようオープンに明るく楽しくまとめました。紐のオレンジ色を引き立てたかったので周囲はおとなしめの緑で揃えました。

バイバイ パンフレット

11.12/24 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 パンフレット表紙
よろずやは前作パンフに続いて、今作も3つ折りのパンフレットになりました。
3つ折りだとチラシの挟み込みが若干難しいので、当日情報紙をA3にしてもらっています。

バイバイ パンフレット

11.12/24 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 パンフレット中面
自分なりに考えてみると、情報量が多い案件を三つ折りで仕上げるパターンが多いようです。
21人のキャスト説明、推薦文、年表とスタッフ表をA3両面にまとめてあります。
予算があればサイズやページを増やせば良いんですが。
それが無いときに頭をひねって何とかするのもデザインだと思っています。今後のために三つ折り以外の方法も開拓しなくてはいけません。

激富 仮チラシ 秀吉死す!

11.11/17 激富2012 秀吉死す! 仮チラシ
仮チラシですがあえてカラーで作りました。カラーですが片面印刷のみなので大した金額にならず、仮チラシの範疇に収まってます。エンターテイメントに、ど派手に。

激富 パンフレット

11.11/17 激富2011 夏嵐〜げらん〜 パンフレットデザイン
当日会場で販売されたパンフレットのデザインを担当しました。予算を多めに充てて、B4サイズ+16ページ+カラー仕立てとしました。もう少し小さい+少ページの予定でしたが約40名全員の写真を載せるために自然とこの形になりました。※売り物のためわざと画像を崩してあります。

バイバイ 本チラシD

11.10/03 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシD表面
演劇集団よろずや「バイバイ」の4連作チラシ第四段。第一段と同じシチュエーションで、新たに撮りなおしで作りました。詰め切れなかったことを再チャレンジできるチラシは少ないのですが、作りなおしたことで第一段よりも伝えたいことをストレートに表現できました。

バイバイ 本チラシD

11.10/03 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシD裏面
裏面も再レイアウトしました。新たな情報が多くなった分どうしても第一段のスペース感には劣ります。読みやすくする工夫はレイアウト術側にもまだあるでしょうが、情報の取捨選択で伝えたいことを絞るのもまたデザインの一つかも知れません。写真なしにして文字に徹すると読みやすいですがそれでは4連作にならず、狭い中でどうするかという縛りのおかげで大事なことに気付き、あがけたデザインでした。

バイバイ 本チラシC

11.09/05 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシC表面
演劇集団よろずや「バイバイ」の4連作チラシ第三段。起承転結の「転」にあたる、雰囲気ががらっと変わるチラシです。暗く垂れ込める雲は実際のもので、撮影当時は雨が振る寸前でした。心情と環境がうまく繋がった写真になりました。

バイバイ 本チラシC

11.09/05 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシC裏面
上記チラシの裏面。芝生に転がるボール。いよいよ次のチラシで4コマ完結。

激富2011 夏嵐-げらん-

11.08/18 激富2011 夏嵐〜げらん〜 チラシデザイン 表
久々の近未来もの。主キャスト陣が東京のため写真なしのデザインにしましょう、で始まったチラシデザインですが、脚本あらすじが「人vs人」という雰囲気だったので、無理してでも写真を載せたい!と考えこの形式になりました。中央の主役さん以外のほとんどを、各自が撮った写メールから作成しています。

激富2011 夏嵐-げらん-

11.08/18 激富2011 夏嵐〜げらん〜 チラシデザイン 裏
細々、ギチギチ、間を考えないびっしりデザイン。一番目立つ文字がまさかの日付!二番が団体名!
一番目立つのがタイトルや団体ではないところが狙いでもあります。長期間のブランクがあった公演だったので、団体名よりもこの舞台そのものが伝わることが大事だと考え、あえてこの形式に。
※ 読みにくさはもうなんと言うか、すみませんの一言。A4では狭すぎたデザイン。それと引き換えに「凝集感」はすごいです。

能楽 鼓舞志座

11.07/23 能楽「鼓舞志座」ワークショップ第一回
能楽の舞(まい)とお囃子(おはやし)のグループ、鼓舞志座さんのワークショップ告知チラシのデザインを担当しました。ワークショップなのであくまでシンプルに。そのうえで若手能楽関係者たちの意気込み(今のまま高尚な位置にいてもいずれ消えて行きはしないか?時代に追い付いているのか?という煩悶も含まれる)を込めて真剣に熱くまとめています。

バイバイ 本チラシB

11.07/23 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシB表面
演劇集団よろずや「バイバイ」の4連作チラシ第二段です。あくまで主役の顔は見せません。4連作チラシで4ヶ月(以上)かけての4コマのドラマ二作目、次作が起承転結の転にあたります。

バイバイ 本チラシB

11.07/23 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシB裏面
上記チラシの裏面。日陰から日なたへの境目。グラウンドへ飛び出すリリーフ投手の気持ちで。

ロードクイベント

11.06/27 コエキカクロードクイベントvol.2「一日一善!!労読組合」チケットなど
朗読のイベントにデザインしたチケット。しおりの形になっていて、文庫本の形にしたフライヤーにぴったり収まるようになっています。

バイバイ 本チラシA

11.06/11 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシA表面
演劇集団よろずや「バイバイ」の4連作チラシ第一段。主人公が目の前にいるようないないような、普通の写真とは違う感じに仕上げたくてこんな撮り方にしてみました。水面に映った姿を180度ひっくり返して使っています。(本チラシAとあるのは、このチラシが連作4種になるためです)

バイバイ 本チラシA

11.06/11 演劇集団よろずや第19回公演「バイバイ」 本チラシA裏面
上記チラシの裏面。水たまりに転がったボールの写真をごくシンプルに。

名刺

11.06/11 個人名刺デザイン
2007年に個人名刺を作った友人が海外勤務となり、現地用に作りなおしたのがこの名刺です。派手でめだつことに全てを賭けています。名前のつづりがこうでないと成り立たないアイデア。実現できて良かったと思います。とても立体的に遊べる名刺。Ryota-Itoさん掲載許可ありがとうございます。(黒いレンズキャップの部分は個人情報のため隠しています)

ウエルカムボード

11.06/11 個人製作 ウエルカムボード
友人の結婚式に作ったウェルカムボード。ペーパークラフト。画用紙とカッターでシンプルに仕上げ、3層に分けてアクリル額に入れました。写真は後ろからライトで照らしています。

奈良演劇祭パンフ

11.05/31 第三回奈良演劇祭パンフレット外
昨年に続いて、袋折りにするとA4チラシが入るB3サイズのパンフレットです。表紙でライトペインティング遊びをしています。チラシの画像から「奈良各地の舞台で遊ぶ」がテーマ。

奈良演劇祭パンフ

11.05/31 第三回奈良演劇祭パンフレット中
中面はスミ一色。昨年と同じフォーマットを使用してシンプルに、安く。

ロードクイベント

11.05/14 コエキカクロードクイベントvol.2「一日一善!!労読組合」フライヤー表紙
朗読のイベント用にデザインしたフライヤー冊子です。ほぼ文庫本サイズ、なんと別パーツで帯付き。製本していないのにちゃんと開くのがポイント。

ロードクイベント

11.05/14 コエキカクロードクイベントvol.2「一日一善!!労読組合」フライヤー内容
上段フライヤーを開くと本文が。さらにもう一度開くようダブル観音開きに折ってあります。開くと参加者の写真が現れます。このチラシは演劇で一般的な「挟み込み」を一切していません。手配りと店置きだけという条件だったので、ふだんの演劇チラシではできない「小さい冊子型」として仕上げています。

ロードクイベント

11.05/14 コエキカクロードクイベントvol.2「一日一善!!労読組合」フライヤーポスター
上段フライヤーを裏返すとおまけポスターになってます。A3サイズ。ホラー版にアレンジしたとある古典落語の演目を朗読するつもりと聞いたので、そのイメージで遊んで撮りました。

ななめ45°キノピヲ

11.04/01 プロデュースユニットななめ45°「キノピヲ」当日パンフデザイン
本番3週間前に急きょ参加が決まり、短期間で簡素に仕上げたパンフです。短いという時間条件や低予算も大切なデザイン要素。クラフト紙に輪転機のみのシンプルな仕上げで、マリオネット(あやつり人形)が大きく関わる舞台だったのでタイトルでオブジェを作ってこんな表紙にしてみました。

サメが群がるカスタード

11.03/24 劇空間NKボム第11回公演「サメが群がるカスタード」当日差し入れ1
これは本番当日、受付に差し入れとして飾った「宣伝美術作品」です。正体はチロルチョコのデコチョコです。結婚式の引き出物などでは見かけるものの、演劇では見かけなかったので取り入れてみたくて挑戦しました。下段パンフとお揃いのデザインの差し入れ。僕がお客ならこういうネタ大好きだなと思って、それ基準で作りました。

サメが群がるカスタード

11.03/24 劇空間NKボム第11回公演「サメが群がるカスタード」当日差し入れ2
当日受付にこの状態で飾りました。実は出演者・スタッフ誰にも内緒で準備して初日に持ちこみ、最後の景気づけにしました。なお劇中でお客さまに「何か景品が当たる」という趣向があってその方にこれを一個ずつプレゼントしています。今回のパンフ(下段)が正方形なのはこのためでもあります。

サメが群がるカスタード

11.03/18 劇空間NKボム第11回公演「サメが群がるカスタード」当日パンフデザイン1
劇空間NKボムの5年ぶりとなる公演に当日パンフレットデザインのみで参加しました。表紙はカラー印刷でありながら白を多めにとる贅沢な仕立て。演劇では正方形比率のパンフをあまり見かけないのでA3をカットするサイズで作ってみました。

サメが群がるカスタード

11.03/18 劇空間NKボム第11回公演「サメが群がるカスタード」当日パンフデザイン2
上記表紙を開くと中はごく普通のコピー用紙にリソグラフ印刷(俗に言う輪転機印刷)。スミと青を掛け合わせて奥行きとリズムを遊んでみました。写真はごく一部の様子で、表紙4ページと中冊子16Pで合計20ページという豪華な構成になりました。ひとり3役がいたり2人で一役があったり、複雑だったので配役紹介と役者紹介を別々にする作りに。

ちょんまげの見た星空

11.03/17 ちょんまげの見た星空 (フライヤーの筆耕を担当)
松本工房さんからのご縁で、瓦版を模したフライヤーの作字として参加させていただきました。ポイントは、味があるけどへたくそな字。味が薄く綺麗な字に仕上げることが多いのでこれは真反対!苦戦しました。タイトルは綺麗めに。本文は左手で筆の尻を持って筆順ラストから逆へなぞって書きました。special thanks、松本久木!!面白い体験をありがとう。

第三回奈良演劇祭

11.02/25 第三回奈良演劇祭チラシ おもて
昨年の当日パンフデザインのみの参加に続いて、今年はチラシからデザインさせていただきました。
特別な事はせず、昨年のチラシデザインをなぞらえつつ、お客様の印象向上を目指してレイアウトしました。図版率高めでも版面率低めに。一般のお客さまでも取っ付きやすく、きちんとレイアウトされている(少なくともやろうとしている)演劇チラシが奈良にはまだまだ少ないです。年1回のこのチラシが自分にとっても来年再来年と向上するためのマイルストーンになればと思います。

第三回奈良演劇祭

11.02/25 第三回奈良演劇祭チラシ うら
昨年まで使われていたチラシの裏面レイアウトは写真画像がなかったためかやや敷居を感じるものでした。
今年は団体紹介写真を使ってリズムを作りつつ印象の明るさと目からの情報量を確保しました。
芝居人ではない一般のお客様が「観てみよう」と思うように。雰囲気が読みとりやすくなったかな。

2011年賀状

11.01/06 2011年の年賀状
今年も手で描く年賀状になりました。自分が一番やりたいと思うことは案外デザインじゃないのかも知れません。干支にこだわらずあくまで風景画・背景画として仕上げた一枚です。ボールペンにて製作。

POLESHIFT 新名刺

11.01/06 POLESHIFT 団体ロゴ更新+名刺デザイン更新
2009年6月にOKをいただいたあと、1年半のあいだ凍結されていた新ロゴ・新名刺。2010年末、無事完成しました。代表さんのリクエストで、前回製作したロゴと近いようでいて全く違うデザインに変更しました。Pの文字の扱いがはっきりし(惑星の極点に立つ旗になった)、テイストに軸が通りました。

演劇集団よろずや 青眉のひと

10.10.16 演劇集団よろずや 第18回本公演「青眉のひと」パンフレット
大阪でも手仕事パンフを作りたかった。その一心でした。ヒモ留め片蝶結び仕立て、判子は手彫りで全て手押し。ヒモは17打の人工絹糸です。せっかく実在の画家の舞台なのに、印刷するだけのパンフでは面白くないので、手間はかかりますが意地で通しました。700部仕上げ。

演劇集団よろずや 青眉のひと

10.10.13 演劇集団よろずや 第18回本公演「青眉のひと」パンフレット配付風景
上記パンフレットを山本能楽堂の座席に並べたところです。会場中が緑色に輝く紐で埋まるのがとても綺麗。この会場が背もたれのない椅子と座布団だったこと・配りパンフでなかったこと・デザインがワンポイントカラーだったことが奏功しました。

演劇集団よろずや 青眉のひと

10.10.13 演劇集団よろずや 第18回本公演「青眉のひと」オブジェ
下段の「青眉のひと チラシ表」を作る元として製作したオブジェです。人物写真をプリントしたあと、積層カットして立体に仕上げました。バックは金紙に金の印泥で判押し。このオブジェを真俯瞰で撮影してチラシを作成しています。アクリルで額装して当日会場に展示しました。

題名のない文化祭 2010

10.10.13 音楽秋フェス「題名のない文化祭」のポスター
久しぶりに演劇ではないイベントのお仕事を担当しました。写真は宍戸留美さんが撮影、イラストのキャラクターは留美さんの持ちキャラ「ちぎりこんにゃくちゃん」で、描いて下さったのはもと劇団新感線の石田アキラさん。盛りだくさんです。

星の聞こえる丘(仮)

10.08.28 POLE SHIFT「星の聞こえる丘(仮)」チラシ表
初の長編作品を上演するPOLE SHIFTは劇団ではありません。舞台以外に映像など何でも作りたいから劇団と名乗っていないのだそうです。小劇場らしくないデザインが良いと注文を受け、星空にタイトルと団体名のみのシンプルなチラシにしました。表には日付もありません。

星の聞こえる丘(仮)

10.08.28 POLE SHIFT「星の聞こえる丘(仮)」チラシ裏
裏面は星座早見盤をモチーフに。文字が一つも水平でないため、紙を回したり首を傾げたりしながら読むあたりも星座盤らしさだったりします。シアン一色にせずちょっとだけ色を入れてあります。

演劇集団よろずや 青眉のひと

10.08.12 演劇集団よろずや 第18回本公演「青眉のひと」チラシ表
青眉のひとは再再演舞台です。再演の宣伝美術は前任者のチラシという大きなハードルがありますが、書き下ろしの舞台と違ってすぐにでも作り込めるのが魅力です。時間をフルに使って、なかなか演劇のチラシで見ることがない作り方をしてみました。シャドウボックス(ガレージボックスとも言う)で製作し全て手作りです。当日、受付に実物を飾りますので興味のある方はぜひご覧下さい。

演劇集団よろずや 青眉のひと

10.08.12 演劇集団よろずや 第18回本公演「青眉のひと」チラシ裏
チラシの表面が店構えだとすれば、裏面こそ店の本領であり見せ場です。正しくはチラシ自体、舞台という店内へお誘いする店構えに過ぎないのですが。あくまで簡素に。4色印刷ですが特色チックに伝統色系で揃えてみました。タイトルは手描きし、2つのハンコも自分で彫りました。

第二回奈良演劇祭パンフ

10.05/27〜30 第二回奈良演劇祭 当日パンフレットデザイン
4日間で7団体+1ユニットが計22公演する第二回奈良演劇祭の当日用パンフのデザインを担当しました。今回初参加です。今の奈良演劇界に不足しがちな「地道なデザイン作業」を知ってもらうべく、お客さん優先のデザインにしました。配色の利点とか、B3サイズである理由とか折り方とか。色々工夫したポイントはありますがあえて解説を載せません。追記:ブログページにちょっとだけ奈良演劇祭パンフの裏話載せました。(こんなデザインでも詳細を知りたいという奈良のスタッフさんがいれば、喜んで解説します)

結婚式アルバム製作

10.04/25 結婚式アルバムデザイン
知人の結婚式撮影とアルバムデザインを制作しました。撮影はD40にそれぞれ35mm単焦点レンズと18-200mmズームの2台体制、デザインは新郎新婦のチョイスした写真を中心にシンプルかつ盛り沢山に。新婦のリクエストで40ページ+297mm角正方形サイズ+お手製ハードカバー製本+ラミネート仕上げを体験することとなり、製本の奥深さを知りました。特にこの大きさで制作するということがどのように大変なのか良く分かりました。サイズが2倍になれば体積や重さは8倍。強度が課題でした。
個人制作物ですがご本人から掲載を承諾いただけたので画像も紹介します。

名刺デザイン

10.03/27 個人の名刺デザイン
個人名刺を制作しました。4案に広がったデザインを収束して1案にまとめ、完成。
いずれ余裕ができたら保留案も発注して4種類全部使いたいとの事でした。
名刺を着替える、気分で分ける、相手に選んでもらう感覚というのも楽しそうです。個人印刷が身近になったおかげですね。
個人名刺のため画像掲載はありません。

演劇集団よろずや 油小路の八人

10.02/03 演劇集団よろずや 第17回本公演「油小路の八人」パンフレット
この舞台は配役27名のほとんどが実在し、ストーリーも史実に基づいた幕末の時代劇。とにかく大量の情報が頭に入りやすいパンフを目指すべく、古めかしさに隠れて現代のデザイン手法も混ぜました。その辺りは宣伝美術家TOMのブログにて。

2010年賀状

10.01/02 2010年の年賀状
昨年までとは雰囲気を変えて、アンチデジタリスムで年賀状を作りました。宣伝美術をしているとたまに聞かれる「すごいデザインですね!で、どんなソフト使ったんですか?」「えーと・・・」へのアンチテーゼであり自戒でもあります。スミ文字以外100%手仕事です。ペーパークラフト、または切り絵とでも言うべきか。

劇団自由派DNA GPS

09.12/14 劇団自由派DNA collection No.14「GPS」柱巻きポスター+3連バナー
「GPS」の本番当日、会場に設置したPOPです。劇場全体を使ってストーリーに導入したいと常々話していた梶原さんのアイデアが実現しました。

演劇集団よろずや 油小路の八人

09.10/31 演劇集団よろずや 第17回公演「油小路の八人」チラシ表
珍しく時代劇の宣伝美術を担当しました。人と字以外何もない平凡なレイアウトが素っ気無く見えないよう、霧を描き足しています。初めは霧と全員を1ショットで撮るよう想定していましたが事情があり合成にせざるを得ませんでした。実物はつやのない上質紙仕上げなので画面で見るより霞んだ雰囲気になっています。タイトルロゴは自筆です。

演劇集団よろずや 油小路の八人

09.10/31 演劇集団よろずや 第17回公演「油小路の八人」チラシ裏
裏面を単色にせず、あえてカラーでデザインしました。カラーを使いつつカラーでないような中庸の雰囲気。錦絵と墨絵のあいだ、屏風絵のようなイメージで。身近に見かける時代物のチラシは縦位置が多いのですがこちらは横位置で広がり重視で製作しました。江戸時代の絵画特有の平面感と現代的な立体感が混ぜ合わさっています。

劇団自由派DNA GPS

09.10/16 劇団自由派DNA collection No.14「GPS」チラシ
空に浮かぶ24基の衛星。携帯で居場所を確認する男。行き交う24本の集中線。シンプルで絵画的で、新しいようだけど古い感じに。ポイントの球面パノラマ画像は大阪市内某所で撮影したものをCG処理しました。

劇団自由派DNA GPS

09.10/16 劇団自由派DNA collection No.14「GPS」チラシ裏面
裏面はすっきり空色(シアン一色仕上げ)にしました。携帯に情報が降り注ぐイメージでどこか冷たく機械的に。

09.??/?? POLESHIFT 団体ロゴ更新+名刺デザイン更新
ロゴは6月に無事OKをいただき、機を見て名刺デザインを進行する予定です。
2009年内に始動するか?
追記・延期が続いていましたが2010年12月に無事完成しました。

コエキカクvol.1

09.08/07 「コエキカク ロードクイベントvol.1」フライヤー
ナレーター2チームによる朗読イベント、のフライヤー。2つのチーム名を肴に作り分けたかったので一方は和風で文字主体、一方は軽い落書きでびっしり埋める作戦で。スケジュールの都合で写真を使わなかった結果、雑然として楽しい仕上がりになりました。実物はふたつが左右に繋がって一枚になりシールで封をして完成。

騒擾-ソウジョウ-チラシ

09.07/10 演劇集団よろずや 若手番外公演「騒擾-ソウジョウ-」チラシ表
シンプルな写真に自作ロゴタイトルと、クッキー。クッキーのせいで一点透視図法か平面デザインなのか曖昧に混乱するデザインになりました。

騒擾-ソウジョウ-チラシ

09.07/10 演劇集団よろずや 若手番外公演「騒擾-ソウジョウ-」チラシ裏
スミ1色で不気味な雰囲気に。散らばった携帯と写真、光る着信ランプも不気味。表の映像的なイメージに反して裏はなんとなく文学寄りなイメージに。

09.05/27 ななめ45°パントマイム公演「ホヲツタフ」パンフレットデザイン表
今回は仕掛けもなくシンプルにデザインしました。ただし、全てがななめ45度です。
二つ折りする前の開いた状態を外から見た図です。

09.05/27 ななめ45°パントマイム公演「ホヲツタフ」パンフレットデザイン中
このパンフは演劇でよく見られる黒1色の輪転機印刷です。ただしどこかが普通ではありません。どこなのかは作ろうとした人にしか分かりません。

パンフレット

09.02/01 爆苦連名世!第八回公演「Looooooooooop?」 パンフレット表紙
当日パンフを「黒一色、輪転機、白紙1枚に片面出力」の条件でデザイン。左図は表紙。右開きです。

パンフレット

09.02/01 爆苦連名世!第八回公演「Looooooooooop?」 パンフレット展開図
上記パンフを拡げると一枚の絵に。A3を4つ折りにして4ページにする仕掛け。

2009年賀状

09.01/09 2009年の年賀状
なまえペンで下描き、スキャン、彩色はフォトショップで。

爆苦連名世!ロゴ

08.11/22 爆苦連名世!(ばっくれんなよ)劇団ロゴ
チラシ製作と同時に団体ロゴをリデザインしました。漢字づくしから一転、当て字でBackRenNayo!とし、ドアが開くイメージで。

爆苦連名世!Loop表

08.11/02 爆苦連名世!第八回公演「Looooooooooop?」 チラシ表
チラシ表です。キャストの服装のみ決めて撮影先行。デザインを見ながら粗筋が進みデザインをあわせるという逆方向に製作しました。「黄+黒」の配色を重視したデザインに。演劇チラシではあまり見ない鮮烈な色はやや映画的かも。イラストも手描きです。

爆苦連名世!Loop裏

08.11/02 爆苦連名世!第八回公演「Looooooooooop?」 チラシ裏
チラシ裏は表と違いデザインがお任せなことが多い。つまり宣伝美術が持ち味を発揮できるのは裏面、というのが持論です。ずいぶん遊ばせてもらいました。表同様黄+黒2色でデザイン。製作BGMはSOIL&"PIMP" SESSIONSや上原ひろみです。画像では小さくて見えませんが地図もこだわったポイント。

2008年の名刺

08.07/06 個人製作 自分の名刺
他人の名刺デザインを何度か経験し、とうとう自分の名刺を印刷しました。紙とカッターで作った切り文字を撮影して番号とアドレスを表現しました(個人情報部分を伏せるため全容ではなく編集画面を掲載しています)。

ミステイクホテルパンフ

08.06/04 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」当日パンフレットA
低予算なためA4紙1枚でパンフをデザインしました。フライヤーに続きペーパークラフトを取り入れています。扉は実際に画用紙で作って撮影し印刷したものです。裏面の小物(時計の針、ゼンマイ、数字など)もすべて紙製。

ミステイクホテルパンフ

08.06/04 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」当日パンフレットB
上段表紙の扉を開くとごあいさつページに。画像が小さく分かりにくいですが、一度印刷した文章を切ったり起こしたり遊びをつけて再撮影したデザインです。注文は「時がとまるような、生きているような死んでいるようなイメージ」。

ミステイクホテルパンフ

08.06/13 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」当日パンフレットC
ごあいさつ面を上げ開くと、見えなかったキャストの顔が登場。顔は手に持った鏡に映っている=自分を見上げる自分、のイメージです。相変わらずひねくれた指定のカット+折り指定。今回も自家製本です。

ミステイクホテルパンフ

08.06/17 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」当日パンフレットD
上に残った黒い扉を開くと最後のページ。オムニバス形式の章タイトルが載っています。やりたいことが多かっただけに消化不良が多く、心地よい悔いが残ったデザインでした。

ミステイクホテルチケット

08.05/05 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」チケット
チケットに凝るのが好きです。付属の4枚が並ぶよう段違いにした専用ケースは自作です。こだわりポイントの丸いミシン目は数年温めたアイデア。一瞬真似できそうに感じますが、まあ無理でしょう。

ミステイクホテルフライヤー 表面

08.04/21 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」フライヤー(表)
セット撮影から仕上げたデザイン。背景や小道具もですが、今回はスタジオ並みの柔らかい光を目指しライティング機材も自作です。小さな見どころは十文字のつる草と手に持ったジオラマは画用紙とカッターナイフで自作しました。ジオラマはLED仕込みで発光してます。

ミステイクホテルフライヤー 裏面

08.04/21 unit-IsM 第3回公演「MISTAKE HOTEL」フライヤー(裏)
演出の注文は「不思議で奇妙な感じ」でした。写真文字とが境目なく交じった感じに。奈良ではポピュラーな劇場なのでここの地図はよくみかけますが、見にくいものが多かったのでゼロから起こし直しました。読みやすく、初見でも会場に到着できる(向かおうと思える)地図を目指しました。

POLESHIFT名刺ロゴデザイン

08.02/24 POLESHIFT ロゴデザイン+名刺デザイン
知人が所属する団体の名刺をデザインしました。団体ロゴリファインもあわせて製作。柔らかい雰囲気ながらもフォーマルに使える名刺に。ロゴ面(写真奥)をコート紙4色、名刺面(写真手前)を上質紙スミ1色にしています。団体名のポールシフトとは「地軸の変動」という意味で、ロゴも名刺も「角度のズレ」をテーマに製作しました。

08.01/06 2008年の年賀状
奈良町へ写真を撮りに行き、写真から描き起こしたイラストです。全てフォトショップ上で描いた手描きCG。入り口に小さなねずみ一匹。

劇人'07
特集ページへ

07.08/18+19 劇人07(七福神)「雨と夢のあとに」
3年ぶりに劇人の宣伝美術を担当しました。年末から8月までのかなり長い期間を劇人の宣伝美術にかけています。
※この公演に関わる宣伝美術の製作過程をスペシャルページにまとめてあります。詳細は左記リンクへどうぞ。

年賀状2007

07.07.21 個人名刺デザイン
知り合いの個人製作はのびのびと作りやすく、大切な息抜きです。名刺は個人情報なので掲載しにくい作品ですが、裏面デザインのみという条件で快くokいただきました。Ryota-Itoさんありがとうございます。

年賀状2007

07.01/08 2007年の年賀状
今年もイラストで。丸一日Macで描きました。

黄金のマーブル

06.11/30 ユニット公演「黄金のマーブル」パンフレット全体
縦210mm横75mmとやや小振りのパンフ。A3の紙1枚を1ケ所切って折るだけでできてます。ノリとホッチキスを使わない折り紙のような「8ページ」製本。例によって自家製本を敢行し完成まで5日かかりました。

黄金のマーブル

06.12/03 ユニット公演「黄金のマーブル」パンフレット 中面1
上段パンフの内容。左端が表紙、1ページずつ右へ順に並べた画像です。漫画家の机に散らばった原稿や小物でキャスト紹介。パンフレット全体を「1カットの写真」で作りました。今まで合成では幾度か作りましたが、一発撮影したことで実在感が増しました.

黄金のマーブル

06.12/05 ユニット公演「黄金のマーブル」パンフレット 中面2
上のパンフレット、「開く」と8ページが一枚の写真に繋がって物語のキーとなる「漫画家の机の上」になります。机の撮影セットを準備した時期、カメラがリコールで入院。修理は間に合わず借り物で撮影しました。よく見るとディテールの写りが甘く残念です。道具の力を思い知りました.

黄金のマーブル

06.12/09 ユニット公演「黄金のマーブル」パンフレット 裏面
製本後、見えていたのは紙の表側の面だけなのがこの製本方法のミソ。開いて裏返すと物語の舞台となった「未来の地球」の地図になります。この絵を1ヶ月かけて描き込みました。雲の表情の違いが素敵です。素材集は使わず全てパソコン上で制作。予算があればA2かA1サイズで作りたいデザインです。

黄金のマーブル

06.12/12 ユニット公演「黄金のマーブル」パンフレット謎掛け解答
「(上段の)地図はあるものを元にデザインしました。さてそれは何?」というナゾナゾをパンフレットに挟んでおき、正解者に配ったのがこの写真。ナゾナゾの答えは月面です。芝居に出た地名以外ほとんどが月に実在する地名なのがヒントです。即答して粗品をゲットした強者は5名ほどでした。

黄金のマーブル

06.09/22 ユニット公演「黄金のマーブル」チケット
TOMらしく?手作りのチケット。金の顔料でタイトルをスタンプ押し。金色は乾燥しにくいのでフィキサチーフをして完成です。ハンコは手彫りです。

黄金のマーブル

06.09/13 ユニット公演「黄金のマーブル」フライヤー表
演劇のチラシらしくないものを目指し、絵本や映画的な静かな雰囲気でまとめました。「これから何か起こりそう」がテーマ。夕焼けはロケ撮影し合成。キャストは俯瞰(ふかん)撮影で。遠近法の消失点が奥行き+下方向という奇妙な二点透視図になっています。平面、一点透視、二点透視の混ざったデザイン。どこか非現実の不思議な写真になりました。

黄金のマーブル

06.09/18 ユニット公演「黄金のマーブル」フライヤー裏
上段チラシの裏面。表は「格好いいな」と思っても裏の情報欄があか抜けないチラシが多い。自分の過去の作品を見ても、裏面はアラが多く感じます。読みやすく、間違わず、信用してもらえる文字の並びを心がけました。

superHEROパンフ

06.07/17 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」パンフレット表紙
パンフ表紙。ヒーローショー開演前の期待感と高揚感を狙って黒でおとなしくまとめました。左を折り返して糊付け製本しています。糊付けにすることでホッチキス製本のような綴じしろ(=開けても見えない部分)がなく100%開くのが利点です。ホッチキスだと重さを2点で支えるため子供が持つと壊すと思ったのもあり、手間をおしてノリ付け製本に。製本は一部ずつマーキングしてカットしたため1週間かかりました。

superHEROパンフ

06.07/21 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」パンフレット中面
上段表紙を開けると一転して派手な内面。A4横サイズ表紙が90度回って、天地600mm近くに。子供に判りやすい感動は大きさだと信じ、最大長辺優先で企画しました。素材集や既存のフィルタに頼らず光や模様ほとんどを手描き。お子様でも読めるようにルビをつけました。凝りポイントとして全キャラに固有の役名デザインロゴを作りました。

superHEROパンフ

06.07/30 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」パンフレット裏表紙
裏表紙は黒で一見おとなしいけど実は情報量はかなり多めです。キャラクター相関図などで世界観のすり込みをしていますが多めの情報をすっきり読みやすくまとめました。ちなみにバックの幾何学模様は手描きのオリジナルです。

superHEROパンフ

06.08/06 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」パンフレット謎解き
パンフのナゾナゾ「チケットの謎の模様はどこに使う?」の答えです。チケットは半券右端。パンフは中面左上。パンフ側をよく見るとさかさまになったタイトルの影が。チケットを「逆さまに」してこのマークに重ねると、左のスキマに「スーパーヒーロー」の文字ができあがりです。パンフをくるくるさせて謎を探すお客様達。場内整理のTOMは後ろからニヤニヤして見てました。

superHEROチケットケース

06.05/16 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」チケット(ケース)
チケットを売る時のアピールにと、専用のケースに入れて配布しました。店頭POPと同じ考え方。もちろん手作りです。チケットが「ただの印刷した紙」だったのが、ケースのおかげでグッと良い雰囲気に。

superHEROチケット

06.05/16 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」チケット
上段ケースからチケットを取り出すとこんな感じ。前から前売り券・招待券・当日精算券です。視認性を高めるため半券の色を赤・黄・青にしました。本券側はタイトルのみでシンプルに。

superHERO表

06.04/27 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」フライヤー表
チラシは、3年前の続編になるので前作の雰囲気を変えないように製作してほしいという依頼でした。レイアウトはガチガチに指定されたのでタイトルロゴを作り込んで発散しました。人物のライティング処理と合成がキモ。自然な非日常に見えるよう調整しました.

superHERO裏

06.05/02 EVENT-STATION.第12回公演「SuperHERO」フライヤー裏
上段チラシの裏面。裏はデザインを任せて頂いたので思いきり遊びました.文字以外全てTOMの手描きです。冒頭シーンのイメージをそのまま絵にしました。写真や素材集は不使用です。人物すら排し、初見のお客様にも先入観なく情報を見てもらうのが狙いです。

BoXパンフ表

06.02/23 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」パンフレット表紙
B4のクラフト紙に青印刷のパンフ。背表紙中心に40mmの丸穴があり中に白い紙が見えます。これはアンケート用紙で、表紙のコードがアンケート用紙のコンセントに刺さるようになってます。

BoXパンフとアンケート

06.03/01 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」パンフレットとアンケートの関係
表紙を開いて一番手前はアンケート。演劇パンフの常識を逆手にとって、アンケートも表紙デザインの一部とし穴越しに繋げてみました。アンケートはノンデザインな団体が多いですが、お客さんにとってアンケートを書くという行為を楽しんでもらいたかったのでこうしました。回収率はなかなか好調だったようです。

BoXパンフ中

06.03/07 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」パンフレット中面
パンフ中面。「店員も迷うほど複雑な店内で絡み合うストーリー」だったのでエッシャーの世界にしました。複雑な並べ方のおかげで人物同士の絡み合いが楽しいです。

BoXパンフ裏

06.03/15 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」パンフレット裏表紙
パンフ裏表紙。機関車が脚本テーマの一つでしたが舞台セットを機関車にするわけにもいかず、どうにかして開演前にイメージを刷り込みたいとの要望でデザインしました。中心に貼ったカラーのシールは斜めにした時に模様がぴったり合うようにデザインしフチはギザギザにカット。クラフト紙とフルカラーのコントラストが素敵です。

年賀状2006

06.01/04 2006年の年賀状
戌年(いぬどし)にこだわらず街を描き込んでみました。

05.12/04 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」フライヤー(表)
予算が限られたフライヤーなのでA5サイズに。脚本が未完成だったので、おのおの好きな服を持ってきてもらってポーズだけ決めて撮影しました。人間はたぶん150体以上を切り出し合成しました。

05.12/10 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」フライヤー(裏)
裏面はシンプル。地図に奥行きを付けたり、時間表示をマーク化したりなど小さく凝りました。引き出しを増やさないと足が止まる気がして頑張ってます。黒とオレンジの配色は好きです。

05.12/22 演劇ユニットピクニック伝説「BoX」チケット
最近作るチケットは「財布に入りやすい」ミニサイズが多いです。インクジェット出力、約55mm x 95mm。

05.10/04 EVENT-STATION.「smile note」パンフレット表紙
とうとうカラー印刷8ページのパンフレットを作りました。表紙から順に3、5、7ページまでずらし折りで絵が繋がるようにしてあります。しかけ絵本のよう。が、天側を斜め一本に揃えるためには製本は困難を極めます。もとはA3の一枚の紙。数学の図形問題のようです。

05.10/08 EVENT-STATION.「smile note」パンフレット中
上段パンフ内を順に。色使いが命。

05.10/14 EVENT-STATION.「smile note」パンフレット裏表紙
裏表紙は店の裏手という設定です。コート90kg紙ではなく厚紙にしたかったのですが予算が不足し断念。デザインに制約はいつもついて回るもんです。

05.07/03 EVENT-STATION.ストラップタグ
EVENT-STATION.のグッズにタグを制作。公演チケットをノルマ以上さばいた人に記念としてプレゼントしました。

05.06/11 EVENT-STATION.「smile note」チケット
アートパンチでレース模様を入れています。下段フライヤーと色を揃えて桜色に。従来のEVENT-STATION.とはかなりイメージを変えてます。

05.05/05 EVENT-STATION.「smile note」フライヤー表
B5横両面フライヤーの表です。色は桜と黄色2色(ただし4c製版)。イラスト同様ロゴも日付けも手書きを織り込んでます。「優しい感じ+小春日和」という注文でした。

05.05/10 EVENT-STATION.「smile note」フライヤー裏
上段掲載の表は街並み、この裏は店の内側です。キャスト写真は小さく抑え世界観を前面に。画面では分からない細かい描き込みがたくさんあるので実物を見て頂けると幸いです。

05.03/23 DVDジャケット
友人が製作した自主制作映画のDVDジャケットを作らせてもらうことに。表のロゴは銀箔、裏は各シーンの写真とキャストスタッフ名を入れただけのシンプルな物に。写真は残ってません…

他力本願寺

05.01/23 おちつけ!!ザ・他力本願寺s「Science & Fiction」パンフレット表紙と裏面
A3クラフト紙を3つ折りした簡素なパンフ。この紙にリソグラフの青インクで印刷予定だったが、印刷当日、僕の目の前で係の人が機械を破損。1週間かかっても修復できず。結局白黒コピーになりました。(左=表紙、右=裏面)

他力本願寺

05.02/11 おちつけ!!ザ・他力本願寺s「Science & Fiction」パンフレット中面1
左に開くとこんな感じに。新聞のような文章量です。

他力本願寺

05.02/11 おちつけ!!ザ・他力本願寺s「Science & Fiction」パンフレット中面2
さらに右に開いて、中面が登場。物語中に出てくる「怪獣」の形に。開演まで30分持つのが目標だった怒濤の情報量。文が折り目にかからないようほぼ限界まで詰めました。

年賀状2005

05.01/17 2005年の年賀状
左の枝に鳥がとまっています。トリ年。言わないと分からない。

他力本願寺

04.12/12 おちつけ!!ザ・他力本願寺s「Science & Fiction」チケット
「宇宙もの」のデザイン条件で左端(青)を提案しました。IDパスカードみたいなイメージです。ほかに色のバリエーションを提案したら「デザート仕様とシャ○専用に見える」とのことで気に入られてしまい、1つのはずが全部採用となりました。ほぼ名刺サイズのチケット。

他力本願寺

04.12/03 おちつけ!!ザ・他力本願寺s「Science & Fiction」フライヤー
とにかく派手にしたい、が注文でした。フィッシュアイレンズで魚眼撮影したかったのですが当時は手の出ない値段だったため、ワイドコンバージョンレンズを使ってひずませて撮影してます。

EVENT-STATION

04.10/11 EVENT-STATION.「SQUARE」パンフレット表紙
当日パンフ表紙です。 スクエアのタイトルに合わせて正方形。中心に銀箔で劇団ロゴを入れました。業者に頼むと大変高価ですが手作りで凌ぎました。中に下段の別冊子を挟んであります。サイズは140mm角。

EVENT-STATION

04.10/17 EVENT-STATION.「SQUARE」パンフレット内容
上段表紙の中に挟んである冊子を広げるとこんな形になります。タイトル「スクエア」から四角形にしました。表紙の隅に「折り方を変えるとキャスト10人の面しか見えなくなります」という意味の説明が入ってます。つまりパズルです。ヒントは「スクエア」の正体。

EVENT-STATION

04.10/23 EVENT-STATION.「SQUARE」パンフレット変形
上段パンフレットを正しく折るとこうなります。300部という部数が恨めしい鬼の製本作業でした。つくりが少し荒いですが予算や加工技術のない当時の自分にはこれが限界でした。4枚の紙の張り合わせでなく型抜きされた一枚の厚紙で、版ずれがなく、フルカラーだったら・・・もっと理想に近づいたかも知れません。

EVENT-STATION

04.09/07 EVENT-STATION.「SQUARE」チケット
公演チケットはシンプルです。半券切り離し線のセンターに四角い穴があいています。穴あきチケットは過去仕掛けとして使ったことがありますが今回は単に、光るスクエアを表しています。ズレずに四角い穴を開けるのは単純だけど難作業。

EVENT-STATION

04.07/31 EVENT-STATION.「SQUARE」フライヤー表
第10回公演を迎えたイベントステーションさんから初めてお仕事をいただきました。10回でイメージが固まっている団体を引き受けるのは難しい。題名のみで脚本は未着手だったためデザインが提案できず、代表さんが描いたデザイン案そのままです。

EVENT-STATION

04.07/31 EVENT-STATION.「SQUARE」フライヤー裏
上段作品の裏です。細かい配列調整のみにしてすっきり仕上げました。演劇のチラシは文字情報が多く文字組には手が抜けません。素人でも時間をかけて詰めれば、打って並べただけのものとは段違いの仕上がりになります。

俺とお前プロデュース

04.05/19 俺とお前プロデュース「STINGER」パンフレット(ver.K)
3つ下段のチケットで「左」を選ぶと手に入るパンフ(ver.K)です。デザイン要望は「一度で良いから無意味に格好つけたパンフを作りたい」。このままではオチがないので、落選したもう一人の姿を小さく写してます。

俺とお前プロデュース

04.05/19 俺とお前プロデュース「STINGER」パンフレット(ver.H)
3つ下段のチケットで「左」を選ぶと手に入るパンフ(ver.H)です。文章はそれぞれ「中身のないもの」を書いてもらいました。フチは一枚ずつ手で裁ち落とし。

俺とお前プロデュース

04.06/01 俺とお前プロデュース「STINGER」パンフレット(中ページ)
上段パンフ中身です。表紙2面と合わせるとA4換算で計10ページ、インクジェット出力。100部製作で計千ページ!すごい印刷代ですが無事OKをもらいました。左上に写っているコーヒー缶から順にイメージが繋がるデザインです。最後の携帯電話の人は当時引っ越して撮影不可っぽかったので、写メールで済むのを前提にこの案に決まりました(実際は撮影できたのではめ込み合成です)。

俺とお前プロデュース

04.05/12 俺とお前プロデュース「STINGER」チケット
このチケットのミシン目は中央に入っています。つまりどちらも半券ではありません。受付で切り離してお客さんにどちらがいいか選んでもらい、選んだ方の表紙のパンフレットを渡すという趣向でした。

俺とお前プロデュース

04.04/25 俺とお前プロデュース「STINGER」チラシ(表面)
4cのモノクロデザインです。花束だけ色が付いています。表は写真とコピーだけ。横切る歩行者をストロボなし&スローシャッターで流してます。夜に手持ちで撮影したかったのでカメラはC-2040を使用。旧機種ですがF=1.8は立派。ノイズ感も程よいです。

俺とお前プロデュース

04.04/25 俺とお前プロデュース「STINGER」チラシ(裏面)
上段チラシの裏です。余談ですが製作注文は「とにかく渋く」とのことで黒を排除してクールに。

劇人クアトロ
劇人クアトロ


04.04/10 劇人'QUATRO「リプレイ」作品集

毎年恒例「劇人」の宣伝美術シリーズ、2004年度版。スペシャルページへジャンプ!

tadpoleパンフ

04.01/21 tadpole二人芝居「a・room」パンフレット表紙
パンフ表紙。B4ボール紙を2折り。そこにマーカーでドアの絵を手描きしています。計70種全て違うドアを描きました。このドアを受付に並べ、お客さんに選んでもらう趣向です。
表紙にタイトルや団体名を入れていないのにはわけがあります。よく見るとノブのところに透明のポケットが。ここに「あるもの」を入れると表紙が完成する仕掛けです。(下段に続く)

tadpoleパンフ

04.01/24 tadpole二人芝居「a・room」パンフレット表紙2
(上段より続く)透明ポケットに「チケットの半券」を差し込むとこうなります。半券は切り離されたことによって開く仕掛けになっています。これで「部屋」に入れる。チケット案の段階でパンフレットの仕掛けまで固め実現しました。

tadpoleパンフ

04.01/28 tadpole二人芝居「a・room」パンフレット中面
(上段より続く)ページを開くと鍵穴を模した写真に靴が二足写ってます。女の子の二人芝居。それにあわせようとして女性的なものをとリクエストされたのですが、男の自分は相当苦しみました。苦しんだお陰で中央の本文は今までにない優しいテイストが出ました。

2004年賀状

04.01/17 2004年の年賀状
今年はアイデア勝負。

ユニットN.a.p

04.01/03 演劇ユニットN.a.p パンフレット1
袋入りのパンフレットを取り出して一面開いたところです。前年ページ掲載のチラシとイメージを揃えたかったので、カッターで2つの変型窓を抜きました。なおタイトルはネット上で公表しないそうで、伏せてあります。

ユニットN.a.p

04.01/03 演劇ユニットN.a.p パンフレット2
上のパンフをさらに開くとこうなります。右の穴には苦戦しました。270度までサークルカッターで円弧を切り、そっとはずしてデザインカッターで欠けた部分をフリーハンドでつないでいます。開けたり閉じたりすると窓から色々な見え方をします。

tadpole

03.11/28 tadpole二人芝居「a・room」チケット
二人芝居「a・room」のチケットです。名刺サイズに二つ折りにしてノリ止めされています。ミシン目から半券(左端)を切ると、チケットが開くようになる仕掛けです。ただし、開くだけではこのデザインは完成しません。パンフレットがないと。詳細は2004年のページ下方へどうぞ。

tadpole

03.11/03 tadpole二人芝居「a・room」チラシ
写真を使わず、写実的でないイラストをという注文で作った女性二人芝居のチラシです。どんな絵が良いかの参考に何点か絵を借りましたが、かなり苦戦しました。チラシの印刷費用を抑えるためにリソグラフ2色刷りのみ。紙の色は赤茶色で試作完了まで進めたが「本印刷分の紙が在庫にない」という予想外の誤算でオレンジに変更しました。作り慣れたものから離れる意味でとても面白い仕事になりました。

ユニットN.a.p

03.10/19 演劇ユニットN.a.p チラシ
基本に返って白紙にモノクロのみのチラシです。内容もシンプル。ジャズCDをかけながら「この音楽の感じで」という珍しい注文だったのと「奇をてらわず大人っぽく」したいとのことで、いつものような隠しメッセージはありません。とにかくシンプルに仕上げています。ネタ抜きのシンプルなデザインを格好良く作れるようになりたいです。なおタイトルは公表しないそうで伏せてあります。

企画公演パンフ

03.09/03 企画公演パンフレット表紙
このパンフレットの体裁は「A5両面カラー2ツ折」です。ちょっと小さいですがこのサイズでないと予算に収まらないぎりぎりの選択。写真は2つ折りされた状態です。チラシから続けてテントウムシがアクセントです。開けるまえの期待感が欲しく可能な限りシンプルにしました。(公演の都合でタイトルは載せないで欲しいとのことなので、文字部分は隠してあります)

企画公演パンフ

03.09/03 企画公演パンフレット中面
上段のパンフ開くとこうなります。キャストの写真は人数が多く撮影日に全員が揃わないため、稽古中の顔を撮って使いました。デザインの注文は「純粋にキャスト紹介だけでネタ無しのパンフレット」だったので顔もなるたけ自然な表情をするまで撮り続けました。下記のチラシとチケットの世界に近づけられたのではと思います。(公演の都合でタイトルは載せないで欲しいとのことなので、文字部分は隠してあります)

企画公演パンフ

03.09/07 企画公演パンフレット表紙2
真ん中のふくらみが穴に差し込めるようになっているのに気付いた方、結構いましたね。渡すときはわざと開けたままにしておき、こうするとテントウムシがいなくなって葉っぱが欠けます。それだけ?いえいえこれ自体は重要ではありません。そのまま裏下段を見て下さい。(公演の都合でタイトルは載せないで欲しいとのことなので、文字部分は隠してあります)

企画公演パンフ

03.09/07 企画公演パンフレット裏面
(上段より続き)表紙の膨らみを切り欠きに差し込むと、裏面に出た部分がクローバーの4枚目の葉になります。探すと見つかった 四つ葉のクローバー。芝居で語られた「幸せはどこにあるのか?」に対して、四つ葉は僕なりの答えです。頑張って探してというエールを込めて。下のチラシとチケットをもう一度よくご覧下さい。どこかに同じ「答え」がありますよ。(公演の都合でタイトルは載せないで欲しいとのことなので、文字部分は隠してあります)

企画公演チラシ

03.07/19 企画公演チケット
完全招待制の無料公演だったので、チケットというより招待券です。ワンポイントにしおりヒモを使いたく、紐の業者にあたったところ最小卸売り単位が1500mとのこと。無理です。結局使ったのは手芸用品店で見つけた指編みリリアン糸です。75mm角というサイズは、財布に入って欲しいので「千円札二つ折り」の大きさで決めました。

企画公演チラシ

03.07/08 企画公演チラシ
活動7年目にして記念すべき「初めての」自作フルカラーチラシ(2001年のATPさんのカラーチラシはデータ製作以降お任せだったので)。今回は無料公演のため安くしたいとカラー仕上げを断られかけ、このデザインはモノクロではいけないと熱く語り、OKをもらいました。その価値はあったでしょう。今までの作品とテイストが変わりました。長い充電期間には意味があったと思います。(公演の都合でタイトルは載せないで欲しいとのことなので、文字部分は隠してあります)

神楽バッジ

03.03/24 ファンクラブバッジ
先日お邪魔したダンスチーム神楽の稽古で、見失いかけた宣伝美術のスタンスに大きいヒントを得ました。遊びがなくては続かないということ。そこでお礼の気持ちをこめてプレゼントしたのがこのバッジです。彼らのHPに「ひとりひとりの個人的ファンクラブ」という面白い企画があったのでそれを勝手に図案化し、製作しました。ちなみにこの図はデザイン途中です。

劇人2003

劇人'さん作品集
毎年恒例「劇人」の宣伝美術2003年度版。スペシャルページへジャンプします。

年賀状

03.01/08 2003年年賀状
年末に行った水族館で撮った写真に落書きしました。今年もよろしくお願いします。

NODAポスター

02.11/30 NODA*Nap「アーバンクロウ」ポスター全景
A3ノビ5枚でひと組のポスター、全体像です。この距離から見るとただの顔ポスターです。全て稽古中に撮ったスナップ写真から作ってます。下に続く。

NODAポスター

02.11/30 NODA*Nap「アーバンクロウ」ポスター近景
上段5枚セット一番左の拡大図です。全ての点が役のセリフの文字で出来てます。 文字で作ったことで不気味さが出せました。だいたい一人80000文字くらい。8回くらいはテストしてるから、失敗をあわせて5人分で300万文字も出力したことになります。プリンタは働き者だと思いました。

NODAポスター

02.11/30 NODA*Nap「アーバンクロウ」ポスター超近景
さらによく見ると、ある行だけとぎれとぎれに赤い点が付いています。つなげて読むとセリフになるという、なんとも小さな仕掛けです。文字のサイズは4pt。

NODAパンフ

02.11/23 NODA*Nap「アーバンクロウ」パンフ製作
自分史上最大級の手間をかけたパンフです。表紙は赤セロファンに白インク刷り(手作業)、中ページはインクジェット出力です。閉じていると絵が消える仕掛けです。サイズは幅高120mmの二つ折り(CDアルバムの歌詞カードサイズ)、全て手作業で切りました。160部製作に丸一週間かかりました。「カラーコピーで再現できる作品」にしないのが目標でした。

NODAパンフ2

02.11/23 NODA*Nap「アーバンクロウ」パンフ完成
セロファンと本文を縦どめホチキスで止め、CD用の布ケースに入れ、シールで封をしてパンフ完成です。受付ではCDボックスに入れて配りました。時間がかかりすぎるため中面ページデザインを省略したのが悔やまれます。

フジエ団シール

02.10/27 フジエ団おまけグッズ
フジエ団さんにお礼として作ったステッカーです。チケットの前売り購入特典としてプレゼントされました。右のは上下左右に繰り返した地模様です。

SenseOfUnityパンフ

02.09/27 劇団SenseOfUnity「こけしの下の殺人者」パンフ
他チームが既に製作したチラシとイメージを揃えるため、同じイラストをポスターとパンフにも流用使いました。ポスター同様外側をカットし、胴体を丸め、こけし型の筒にしてずらりと受付に並べました。A4サイズ。

SenseOfUnityパンフ

02.10/13 劇団SenseOfUnity「こけしの下の殺人者」パンフ現場
上段パンフレットが受付に並んだ状態がこちらです。壮観!
(写真提供 = akiさん@SenseOfUnity、ありがとうございます)

SenseOfUnityポスター

02.09/27 劇団SenseOfUnity「こけしの下の殺人者」ポスター
前作「金蘭」に続いてお手伝いした今作ポスター。色々な理由で製作開始から本番まで3週間しかなく、夏休み後のため撮影の時間があわず、写真は断念。いつも思うことだけど、その制約があったからこそこの形が生まれたんですね。ふちをカットして不定型にして目立つ作戦です。

NODA*Nap

02.09/10 NODA*Nap「アーバンクロウ」チケットA&B
2パターンで作られたチケットです。「見本」の部分には通し番号が付けられています。

NODA*Nap

02.09/07 NODA*Nap「アーバンクロウ」チラシA
NODA*Napの2パターンチラシその1です。配布したのはモノクロコピーでこれは原稿ですが、色が欲しい作品です。お話のテーマは「夏・暑苦しい・ダークな雰囲気」。事件が話題になったため小学校に入りづらくなった年で、格好いいひまわりを探して県内を走り回りました。

NODA*Nap

02.09/07 NODA*Nap「アーバンクロウ」チラシB
NODA*Napの2パターンチラシその2です。セミが置かれてるのはエアコンの室外機です。ちょっとショッキング度高め。

NODA*Nap

02.08/25 NODA*Nap「アーバンクロウ」タイトルロゴ
ユニットのロゴとタイトルです。 ユニットのロゴは「ハンコみたい」なのが気に入られたようで、他の案に勝ってこれが採用されました。オリジナルでゴム印を作ってもいいかもしれませんね。タイトルは「都会」の感じを出したくてイラストを付け、字詰めもわざとキツ目に。

フジエ団ロゴ

02.07/29 フジエ団ロゴ
キリ番の景品にフジエ団さんにプレゼントしたバナーの劇団ロゴ拡大です。下のバナーでは小さくて見にくいですがこんな形です。立体平面あわせた騙し絵デザイン。

フジエ団バナー

02.07/24 フジエ団バナー
キリ番をゲットしたフジエダさんにプレゼントしたバナーです。ロゴのデザインから完全にこちらに任せてもらえたので、むしろ「好きに作らせてもらえる機会」をゲットしたのは僕かも知れません。ありがとうございました!

半カスパンフ表

02.05/12 演劇ユニット半カス「TWIN」パンフ表
パンフ表面です。A4二つ折り、モノクロです。中を目立たせたくて、色を地味にしました。表/中/裏とネタ続きになってます(実際こういう勢いがOKいただけるユニットでした)。そういえば表紙にキャスト写真を使ったのは初めてかも知れません。撮影日が揃わずバラで撮って合成する方法が定着してきました。「同時に撮る良さ」もあるので可能なら次は…

半カスパンフ中

02.05/12 演劇ユニット半カス「TWIN」パンフ中
パンフ中面、カラーインクジェット出力です。ノリはあくまで軽く、週刊マンガ風に。開くと火山っぽく見えるように下(黒)部分をカットしました。部品をヤマ折りにして飛び出させたり、何かを仕掛ける案もありました。

半カスDMカラー

02.04/30 演劇ユニット半カス「TWIN」DM
半と佐野カス日の演劇ユニット「半カス」のダイレクトメールです。カラー、インクジェット出力です。実は小ロット(100位)ならインクジェットのほうが安いです。弱点は「下が15mmくらい白になる」こと。

半カスチケット

02.04/30 演劇ユニット半カス「TWIN」チケット
半と佐野カス日の演劇ユニット「半カス」のチケット です。脚本が完成していなかったので、タイトル文字をメインに制作。半紙に気合い一発、墨書したのを取り込んで加工してます。

半カス本チラシ

02.04/21 演劇ユニット半カス 本チラシ
半と佐野カス日の演劇ユニット「半カス」の本チラシです。リソグラフ2色刷りです。代表のチラシへの要望が「映画ポスター風にしたい」でした。2人とも撮られ慣れておらず表情が硬かったので苦労しました。インディーズ映画のイメージで黒を強くつぶしました。

半カス仮チラシ

02.04/14 演劇ユニット半カス 仮チラシ
演劇ユニット「半カス」の仮チラシです。「劇人」の公演2日前の夜にメールで挟み込みチラシを依頼されたので、こんな方法で間に合わせました。演出さんが載せて欲しいと思うことを100%(笑)載せられたと思います。(掲載しているのは後日顔写真とタイトルを追加したのバージョンです)

劇人'通作品集 劇人'通作品集

毎年恒例「劇人」の宣伝美術シリーズ、2002年度版。スペシャルページへどうぞ。

金蘭

02.03/03 劇団Sense Of Unity「金蘭」パンフ中
パンフの中面です。左側には演出さんのごあいさつを「原文まま」で掲載。回想シーンのイメージでセピア(orピンク)をかけてます。ネタがそろってから3日のスピード仕上げ。我がプリンターはインクジェットでの出力は150部で7時間半かかりました。こういう時、最新の高速プリンタがうらやましい。「ずらし折り(下記)」で、閉じたときに右下の花びらだけちらっと見える仕掛けです。

金蘭

02.03/03 劇団Sense Of Unity「金蘭」パンフ表
上段パンフの外面です。A4を縦ずらし2ツ折りです。25mmずらして折ることで、中面の一部を見せてます。縦折りはSOU専属の宣美さんの希望だったのですが以前に同じ折りがあったとのことで違いを出しました。メイン宣美さんの手書きタイトルがいい雰囲気です。

金蘭

02.02/20 劇団Sense Of Unity「金蘭」DM
基本レイアウトを他の宣伝美術さんにお願いして合作で仕上げたDMです。

金蘭

02.02/09 劇団Sense Of Unity「金蘭」チケット
この「劇団S.O.U」には座付きの宣伝美術さんがいらっしゃるので、あくまで僕は助っ人での参加です。チケットは全面的に任せていただいたので温かい感じで作ってみました。半券の部分が最後まで決まらず、結果この形になりました。

年賀状

02.01/02 2002年年賀状
ウマドシは正しくは「午年」らしい。でも馬のほうが字として面白いからこちらを採用。

ビバーズ3パンフ展開

01.09/11 ビバーズ3パンフレット展開図

今までにない形、かつ可愛いパンフを目指して製作した「パンフレット」の展開図。実際は下段のように紙袋として使用しました。角形1号封筒にインクジェットで直接印刷しています。迷路のような役者紹介文は、読み終わるまで誰なのかわからない仕掛けです。

ビバーズ3パンフ完成

01.09/11 ビバーズ3パンフレット完成形

上図を印刷してから周囲30mmずつマチをつけ折り込み、底と側面の間は三角にかしめ、封かんをカッターで落として完成!150部で7時間ほどかかりました。挟み込みのチラシはこの中に入ります。口は真っ直ぐ切ってますが当初はノコギリの刃を当てて新聞の端みたいにギザギザにちぎるつもりでしたが…時間が許してくれず断念。口を止める円形クリップが隠し味。

カレンダー1

01.09/02 月面のカレンダーその1

CGコーナーといいながら、これは手描きポスターです。実物はB2サイズ。色鉛筆4色でパウダーペーパーに描いてあります。製作期間は1ヶ月弱。

カレンダー2

01.09/06 月面のカレンダーその2

上の作品の真の姿。暗闇で輝きます。夜光塗料の強発光タイプを使ってます。状態がよければ朝まで光るほど強力。人に贈る約束なのに手放すのが惜しくなった作品です。

ビバーズ3DM

01.08/23 ビバーズ3ダイレクトメール

下段のチラシをレイアウトし直したDMです。カラーだけどあっさり目。

ビバーズ3チラシ表

01.08/16 ビバーズ3チラシ表

チラシのオモテです。B5サイズリソグラフ印刷です。8bitゲーム機っぽいこのデザイン、実はロゴ打ち合わせ段階で代表さんがかわいいからと選んだもの。実在キャラでは「パクリすぎるので」悩んだ末に顔文字にしました。 かえってチープさがでて良い雰囲気になってます。

ビバーズ3チラシ裏

01.08/16 ビバーズ3チラシ裏

上作品の裏面。地図までもドット絵!ゲームの雰囲気いっぱいです。ゲームボーイ的ノスタルジー。

ビバーズ3ロゴ

01.07/31 ビバーズ3ロゴ

代表びびさん率いる演劇ユニット、ビバーズ3のロゴ。いくつか用意していたロゴのうちからこのドット絵に決めた理由は「かわいいからこれ」でした。他に「格好いい」「楽しげ」も用意していましたが、これで方向性は「かわいい」に。女性3人のお芝居には好適でしょう。

AMAKUSAチラシ表 01.02/11 集団ATP本チラシ表

京都の劇団「集団ATP」のチラシをカラーで製作。当初ATPさんが頼むはずだったデザイナーさんが倒れてしまい、急きょ呼ばれました。フルカラー印刷のチラシを初めて体験することとなりました。サイズはB4、2ツ折り。当初A3でデザインしたものがB4に変更となったので字が少し小さいです。山はCG、炎は素材集、空や光は描きました。

AMAKUSAチラシ裏 01.04/12 集団ATP本チラシ裏

上段の裏面(2つ折りの中面)。モノクロです。キャスト決定待ちだったので先にカラーを刷っており、配役決定したためデザインすることになりました。しかし制作さんに持ち込んでいただいた文章データが壊れており、半日で全て打ち直すはめに。さらにデザイン時あらすじも書けておらずメールで作者とやり取りしながら製作。さらに背景の地図も当日入れることになり本屋に走って地図を探しました。

怪画集団BG 01.03/18 怪画集団Born to show Guts!ロゴ

劇人'UNOを支えるデザインユニットのロゴ。あんまり早口で読まないで下さいね。前回の「ダスゲマイネ」も活動を継続しており、やはり異業種混合でいろいろ挑戦できました。

製作中 劇人'UNO 作品集

通算5回目となる、劇人の宣伝美術作品。スペシャルページにて掲載中。

快画集団ロゴ 00.11/15 デザインユニット-ロゴ

ESの宣伝美術を担当したデザインユニット「怪画集団ダスゲマイネ」のロゴデザインを担当しました。異種のデザイナーと組む楽しさを知りました。

ESチケット 00.11/15.16 演劇チケット2種

劇団EVENT STATION.の第4回公演「Simple」の前売&当日券。僕個人の製作ではなくデザインユニット「快画集団ダスゲマイネ」の作品です。背景素材は身の回りの物をのり付けして取り込み、パソコンで加工してます。手作業とパソコンの合作です。

パフェファクトリーパンフ表 00.8/26 演劇パンフレット(表&裏)

「ケンジ先生」のB4パンフレット外面。右半分が表紙。通知表を模して厚紙で製作しました。通知表独特の感じを残すべく、異常にシンプルにしてます。製作開始から本番まで18日。もっと煮詰めたかったのも本音ですが、期間を十分使い切れたと思います。

パフェファクトリーパンフ表 00.8/26 演劇パンフレット(中見開き)

上記パンフレットの中ページ見開き。「自己評価通信簿」として自分以外の団員のイメージを書いてもらいました。ところどころのハンコも学校らしさがでてます。

パフェファクトリーチラシ1 00.8/26 演劇告知チラシ「ケンジ先生」縦

パフェファクトリー第4回公演「ケンジ先生」のチラシ縦バージョン。今回は各団員に原本を1部ずつ配り必要分コピーして配ってもらう方式のため、網点は荒めに、余白は多めで製作しました。

パフェファクトリーチラシ1 00.8/26 演劇告知チラシ「ケンジ先生」横

上段チラシの横バージョン。ひとつに絞ってもよかったが、各自でコピーするなら好きな方を選んでもらった方がいいと思い縦横両方採用としました。

T&Eチラシ 00.6/24.25 演劇公演仮チラシ「新・ぼくの先生」

STAFF T&Eプロデュースの舞台の予告チラシです。コピー前提の白黒原稿で、典型的仮チラシ。

神楽ポスター 00.3/29 ダンス公演ポスター「KAGURA DANCE LIVE 2000」

下段ダンスチーム神楽の当日張りポスター。就職(初出社)が3月でなければダンサー16名全員でこの影絵ネタを作る予定でした。

神楽チラシ 00.3/29 ダンス公演告知チラシ「KAGURA DANCE LIVE 2000」

ダンスチーム神楽の告知チラシです。これまで輪転機やプリントゴッコなどでしがた初の印刷業者「体験」作でもあります。影絵の正体が当日ポスターでわかるデザインです。就職が決まったためチラシのみの製作となりました。

劇人ZEROロゴ 劇人ZERO 作品集

2000年3月1日に公演した劇人ZEROの作品を別ページにまとめて掲載してます。

かに3 99.8/15 ハイテクかに

コンピューターグラフィックスの授業で「生物」のお題で製作したカニ。普通のカニでは飽き足らず処理を重ね、悪者くささが漂う作品に.

ジェット団チケット 99.8/7 演劇公演チケット「正しい世紀末の過ごし方」

左部分のグレー円は実際は穴開け加工の部分です。実はここが謎かけになっています。パンフレットにかざすとサイコロの順に合わせて文章が読めるようになる仕掛け。

ジェット団ポスター 99.8/7 演劇公演ポスター「正しい世紀末の過ごし方」

実際は各色1枚、10枚1セットのポスターです。各色縦460mm横160mmの変則サイズ。役名が数字の1から10に関係していたので、後ろには数字とそのキャラクターを表すイメージが入っています。色は演出さんに聞いた各人物のイメージカラー。10枚並ぶと圧巻です。

ジェット団仮チラシ 99.8/7 演劇告知本チラシ「正しい世紀末の過ごし方」

実際に使ったチラシはこれのモノクロバージョン(B4)ですが、手持ち用に作ったカラー版です。チラシでも二つ折りは面白いとわかった作品です。

ジェット団仮チラシ 99.8/7 演劇告知仮チラシ「正しい世紀末の過ごし方」

スーパージェット団第7期にして最終公演。最初の仕事は仮チラシです。グレーの紙に輪転機で黒を印刷し、左の赤い文字はプリントゴッコで押して仕上げます。スタンプ調にかすれる赤文字がミソ。

劇人’99、演劇公演告知ポスター 99.3/13 演劇公演ポスター「GODZILLA」

去年に続いて今年も劇人の宣伝美術をしました。当時旬の台本なのでゴジラのチラシは見ましたが、コミカルで楽しいものがほとんど。結構目立ったのですがハリウッドのゴジラの印象が強すぎたかも。あまり納得できない作品でした。もっと造り込みたかった。

劇人’99、演劇公演告知ポスター(?) 99.3/13 演劇公演ポスター「GODZILLA」その2

劇団内のノベルティグッズにと作っていたポスター。演出さんが気に入ったことで正式に使われたポスターです。出来る限りのダサイ色、顔、構成、文字を目指した作品。目指せ昭和初期!後日このポスターのおかげで藤枝さんとご縁があり、忘れられない作品になりました。

Event/Slashポスター 99.2/19&20 演劇公演ポスター「Event/Slash(イベントスラッシュ)」

2団体合同公演のポスター。それぞれかなり性格の違う舞台だったので、統一感ではなく極端のバランスを考えました。独学ゆえ文字の扱いに悩んだ作品。

1999年の手帳表紙

99.01/01 1999年度手帳表紙

今年もCGで手帳の表紙をつけようと再び作ったのがこの作品です。ネタ勝負の作品。浮遊感、寂しい光の感じなどは作風として続いています。

1999年の年賀状 99.01/01 1999年度年賀状

卯年の年賀状。ペンタブレットで描いてます。

Produce Power unit Aglaia、演劇公演告知ポスター 98.10/4 演劇公演ポスター「碧(あお)き夜空のしたで」

劇団の旗揚げ公演に作ったもので、デザイン指定は「青色」とだけ依頼されました。やはり前回の作品と同じくBryceを使用。このポスターを気に入って舞台を見に来たというお客さんが少数でもいらっしゃってとても嬉しかった作品です。

劇人’98、演劇公演告知ポスター 98.2/28 演劇公演ポスター「郵便配達夫の恋」No.1

演劇ユニット劇人'98の公演告知ポスターです。BryceとPhotoShopを使用。A3サイズのものと、つなぎ合わせで新聞見開きサイズのものを1枚作りました。当日まで代表さん以外には内緒で製作して貼り付けたサプライズポスター。

劇人’98、演劇公演終了ポスター 98.2/28 演劇公演ポスター「郵便配達夫の恋」No.2

上のポスターと2枚ひと組で、当日貼っておいた昼のポスターを上演中に全てこっちのポスターに張り替える趣向です。舞台終演後、ロビーに出てきたら夕焼けになっているのが狙いでした。

システム手帳98年度表紙 98.1/1 システム手帳表紙

自分の手帳の表紙として作ったCG。黄と黒のしましまで寅年に。Strata Studio Pro2.0使用。

鉄壁’96公演告知ポスター 96.12/13 演劇公演ポスター「鉄壁’96」

初めてカラーで作った演劇ポスターです。ソフトの使い方も知らない状態から一気に仕上げました。これまでにも単色チラシは作ったことがあるけど、カラーの楽しさを知った作品です。(ただし予算都合でA4サイズとすこし小さめでした)