宣伝美術家TOM_表紙へ
宣伝美術家TOM_メニュー
宣伝美術_作品紹介
舞台情報・宣伝美術活動予定
更新履歴
リンク
特集
宣伝美術家TOMのブログ 1000-b
連絡先

公演情報は主にTOMが関わるものを掲載しています。掲載を希望される方がいらっしゃいましたらmailフォームからお知らせ下さい。対応できる範囲ではありますが掲載致します。

●舞台公演情報・製作活動

17.5/27〜28

王寺やわらぎ会館にて第9回奈良演劇祭を開催予定。宣伝美術として参加しています。詳細は公式サイト公式twitterまで。

17.7/1〜2

劇役ユニット:サンリズム、船場サザンシアターにて旗揚げ公演「正犠論」を公演予定。宣伝美術として参加しています。詳細はウェブサイトがないため公式twitterアカウントまで。

17.7/2

言の葉Logos、いかるがホールにて旗揚げ公演「楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜」を公演予定。宣伝美術として参加しています。詳細はウェブサイトがないため作品ページのチラシをご覧ください。

17.8/18〜21

演劇集団よろずや、TORII HALLにて第27回本公演「紙屋町さくらホテル」を公演予定。宣伝美術として参加しています。詳細は公式サイトへ。

17.秋ごろ

CDジャケットのデザインを予定しています。

17.冬ごろ

舞台の宣伝美術を1件予定しています。

その他

お仕事は随時調整中です。
※デザインや撮影のご依頼・ご相談は、不確定な段階で良いのでまずは早めにご一報ください。左欄「mail to TOM」からメッセージが送信できます。あくまで余暇内の活動のため全てのご依頼にはお応えできない場合もありますが、できる限り誠心誠意の対応をさせていただきます。

● 舞 台 の 感 想

16.11/26〜27&12/23

演劇集団よろずや、大阪と広島の2会場で第26回本公演「バイバイ」を公演。宣伝美術として参加しました。何度も再演を望まれる演目、観に来ていただける環境。そして何より、何度も伝えたいと思えるだけの中身。このお芝居を手伝うといつも、過去と将来とを同時に考えさせられます。

16.11/25〜27

劇団EVENT-STATION.、王寺リーベルホールにて第33回公演遮那仏の肉叢(しゃなぶつのししむら)を公演。宣伝美術として参加しました。座長が東京に移住し、出演者の顔ぶれが入れ替わるなど劇団にとっても新たな課題を背負った公演でした。作品コーナーに作品を掲載しています。

16.10/16

シンガポールの日本人劇団 劇団北緯1°、第21回公演「銀河旋律」を公演。宣伝美術として参加しています。現地との打ち合わせはSkype、デザインはメールで擦り合わせをし、団員さんからは写メールを送ってもらって製作しました。すごい時代になったものです。作品コーナーに作品を掲載しています。

16.8/10&11

演劇集団よろずや、in→dependent theatre 1stにて若手番外公演「トランス」を公演。宣伝美術として参加しました。よろずやにとって久々の若手公演であり、僕にとっても久々に全く違う作風のよろずやを描く事ができた貴重な機会でした。撮影からすべて自分でできたのも前回若手公演以来。存分に自分の好みをぶつけられました。

16.7/29〜31

in→dependent theatre 1stで公演した「村上佳子ひとり芝居」に宣伝美術で参加しました。一人が思い描く世界をストレートに出せる、舞台上の一人芝居の醍醐味はそのまま宣伝美術にとっての醍醐味でもありました。

16.5/28〜29

第8回奈良演劇祭に宣伝美術として参加しました。4年ぶりにA4チラシとB3袋折りパンフレットを復活。ほぼ演劇祭主催側に近い立場上いくらかは手弁当ですが開催年によって意図をもって仕立てを大きく変えるという割と大きい挑戦が許され、感謝しています。演劇祭が互いの実験が繋がる場であり、その一翼を担う宣伝美術でいたいです。

16.5/27

劇団ほどよしの第13回公演「モノクローム・ダイアリー 〜読劇風の又三郎」を観に芸術創造館へ行きました。奈良で何度かご一緒した北口さんがほどよしに入団して初の舞台。しかも主役。たくさんのダメだしに応えようとするだけで精一杯と言いながら、ほんの数年前ほどよしの観客だった彼女が今は舞台のあちら側にいる。ちょっと保護者の気分で観劇しました。不思議な(とても良い)気分です。

16.4/24

SuperStitiousの「BAR遊休時間」を観に白ちゃんハウスへ行きました。店内の作りをそのまま演技に活かす趣向。濃淡様々な性格の人物たちがこのBarに集まって混ざりあうお話でした。それぞれ自由に演技するスタイルはこの劇団の持ち味かもしれませんね。

16.4/2&3

夢歩行虚構団の「竜王と海の王子」を観に錦花楼へ行きました。演出だるままどかさんの作風は広汎にわたりますが、今作はファンタジー調です。特にイマジネーションが膨らむ仕立てになっていて、とても楽しめました。時間、場所、人員を綺麗に使い切れていたと思います。そして今回宣伝美術周りが大変よい仕上がりでした。このフライヤーやあの塗り絵の世界観があったからこそこの公演が成り立ったと言えるぐらい重要なデザイン。作りたい情熱がびしびしと感じられて僕も背筋が伸びました。

16.3/13+3/26〜27

演劇集団よろずや、東京武田修能館と大阪山本能楽堂にて5度めの再演となる第25回本公演「青眉のひと」を上演。前回に引き続き宣伝美術として参加しました。自身3度めとなる演目であり、今や成長の過程をたどるマイルストーン的な位置付けの作品です。

16.2/26

少年王者舘の第38回本公演 「思い出し未來」を観にアイホールへ行きました。2009年の夢+夜以来、実に7年ぶりの王者舘。初めて観た前回は楽しみ方がうまくつかめずにいましたが、「芝居ではない、深く考えないで観ると良い」と聞いたとおり今回は格段に楽しめました。映像では伝わらない、大人による手の込んだ遊びでした。

16.2/20〜21

劇団〜咲〜、王寺やわらぎ会館にてvol.玖「アサシンジャージ対秘密結社サツバツ」を上演。宣伝美術として参加しました。劇団〜咲〜は、客演を呼ぶ事もスタッフを外部に頼む事もほぼ初。全員が成功、失敗、暗中模索の繰り返しだったろうと思います。次回の分かれ道は失敗しないよう身内だけでやるか、どうすればもっとうまくいくか試行錯誤し続けるか。僕はまたいつか声をかけて欲しいと思うスタッフの一人です。

16.1/30

ユニット一ひめニたろうの「明烏」を観にトリイホールへ行ってきました。脚本自体にただようユルい雰囲気そのままの公演、という印象でした。スーツを一から仕立てるというハードルに果敢にアタックした菅原さん、自分の新たな立ち位置を見いだした宮本君、お疲れさまでした!

15.12/4〜5

けさもりプロジェクト、大阪の座・九条にて朗読イベント「袈裟と盛遠」を上演。フライヤーデザインを担当しました。朗読らしく文字と紙のこだわりオンリーのシンプルなフライヤー。文字だけで突き詰めるのは難しく、そして楽しい。(本編が観劇できなかったため舞台の感想はありません)

15.11/21〜23

劇団EVENT-STATION.、王寺リーベルホールにて第31回公演双極やがて掌をさす(そうきょくやがてしょうをさす)を上演。宣伝美術として参加しました。下記激富さんと完全に製作期間が重なりましたが、お互いテイストも全く違うためかえって楽しく製作できました。本編舞台はシンプルながら美しい仕上がりでした。

15.11/11〜15

激富、芸術創造館にて激富2015本公演「ZEN -filled with ZEN-」を上演。2年ぶりに(販売パンフレットの撮影とデザインのみ)担当しました。世界設定の変更や撮影のスケジュール調整などでかなり苦労した作品でしたが、おかげさまで好評をいただきました。初めて販売告知のチラシまで作った作品でもあります。

15.10/23

結奈さんの2nd mini album CD「言ノ葉結び」の撮影とデザインを担当しました。

15.7/15〜17+15.8/1

演劇集団よろずや、東京の座高円寺2と広島県民文化センターにて第24回公演「炎のストッパー津田恒美物語 バイバイ」を上演。宣伝美術として参加しました。3度目となる再演、デザインは基本キープでしたが細かいところがより本編と近付いたテイストにできたと思います。

15.6/27〜28

劇団EVENT-STATION.、王寺リーベルホールにて第30回公演釈迦ケ嶽の迷ひ寺(しゃかがたけのまよいでら)を上演。宣伝美術として参加。チラシパンフとも第30回であることを前面に出さない、でも良い造りにはしたいという難しい条件。チラシを手で描きあげて表現してみました。

15.5/30〜31

劇団EVENT-STATION.、王寺町やわらぎ会館にて第29回公演「白紫(Shiro Murasaki)」(=第7回奈良演劇祭参加作品)を上演。宣伝美術として参加しました。去年は1枚でデザインした5月6月連続公演でしたが、今年は告知のタイミングの関係で別仕立てに。

15.5/30〜31

3年ぶりに第七回奈良演劇祭の宣伝美術を担当しました。予算もデザインパワーもパンフよりチラシに大きく傾けるのを目指した結果、A3変型チラシにA4プリントを一枚はさんで当日パンフにするという不思議な仕立てに辿り着きました。

15.4/11

ホスピタリティホールへ、表現集団Infinityの船出公演「Taoyaka」を観に行きました。6人で大勢の人物を感じさせる狙いは面白かったが全体にもっと昇華してほしいので再演に期待。殺陣がかなり見応えありました。チラシは写真以外の手触りをもう少し感じられたらよかったです。

15.2/14

AI-Hallへ、EmotionFactory第14回公演「箱の中の小石」を観に行きました。荒い箇所はありながらも良質の芝居だっただけにチラシが残念。観る前に得るべき芝居の世界観への感情導入がもっと欲しいチラシでした。

15.1/11

芸術創造館へ、劇団バックラッシュハートの本公演第一回転「ダブリンの鐘つきカビ人間」を観に行きました。若さは荒さ、でも強さなのかなと思いました。善意がたくさんだった舞台。

15.1/11

神戸のKAVCへ、へるニチ公演「侵略者より真心を込めて〜ISPO多古川支部捜査録〜」を観に行きました。二朗松田さんのテンポ良い脚本。水野さんのしっかりした衣装。何より、初めて役者の水野さんを観ました。褒め言葉の意味であくどかった。チラシのせいで期待せずに観に行ったんですが、それも戦略だったらすごい。

14.12/5〜7

恵比須町駅発の貸し切り阪堺電車内にて、山尾企画の第5.5次公演「はんかい電車Returns」を観劇しました。路面電車を借り切る芝居は良い着眼点。残念なのは信号待ちや音など思い通りに進行できない事情に脚本や演出が全く対応できなかったこと。チラシ負けを感じました。

14.11/1〜3

劇団EVENT-STATION.、王寺リーベルホールにて第28回公演「五月雨の夜に吼える犬」を公演。宣伝美術を担当しました。劇団旗揚げ15周年にあたって気合いが入った舞台だったのでデザイン周りも遠慮なく作り込みました。自分としては今まで作ってきたエンタメデザインの集大成。全体としても今はまだ難しいこと、笑われそうなこと、でもやりたいことをまっすぐ突き抜けた公演だと思います。

14.10/25

大和郡山の薬園八幡神社へ、鯨椅子projectの第3回公演「KARAI」を観に行きました。2012年9月以来2度めの鯨椅子projectですが、今過去の感想を読み返して「前回と同じ感想だ」と思いました。舞台ではなくチラシに対してですが、今回もいろいろと厳しい事を感じました。なにか仕方ない理由があるのかも知れないですが。次回こそは良い告知がされますように。

14.10/18〜19

劇団転機予報、ウイングフィールドにて第三転機「シカクのない部屋」を公演。宣伝美術として参加しました。たった3人の役者が放つ気迫が心地よく、スタッフがそれを全力で支え上げて見ごたえある舞台でした。3重の入れ子構造、チラシのなぞかけ、物語の意味など伝達させる工夫はまだまだあったと思うんですが挑戦を素直に評価したい。何かが伝わっていたら嬉しいです。

14.8/8〜10

演劇集団よろずや、シアトリカル応典院で第23回公演「盆がえり」を公演。メンバーを一新しての一本目は日常風景を淡々と丁寧につづる、同劇団ではひさしぶりの「おとなしい演劇」でした。チラシ撮影は大雪、舞台本番は台風と天気は大荒れでしたが、どちらもしっとりとした良い作品が仕上がりました。

14.6/25〜

結奈さんの1st mini album CD「さよならの続き」のデザイン全般を担当しました。東京と奈良で離れての製作となりましたがメール+電話+基本お任せ進行のおかげで無事完成しました。会場限定発売のCDは1会場目でほとんど完売とのことでした。皆さんに愛されるCDになりますように。

14.6/13〜15

劇団EVENT-STATION.、王寺リーベルホールにて第27回公演「政十郎見参!」を公演。5月に続いて宣伝美術として参加しました。劇団活動15周年記念の2ヶ月連続公演。快活なチャンバラものの時代劇でした。自分的ポイントとしては、時代劇ながらパンフレット撮影に衣装を用いず、しかしそれを気付かせないようにと色々策を弄してみました。

14.5/16〜18

劇団EVENT-STATION.、王寺町やわらぎ会館にて第26回公演「シバの町」(=第6回奈良演劇祭参加作品)を公演。演劇祭の公式チラシとは別に、劇団専用のチラシ(5月+6月公演合同チラシ)デザインで宣伝美術として参加しました。当劇団活動15周年記念として5月・6月の2ヶ月連続公演企画の前半にあたる作品で、次月の公演とつながった2連チラシにしました。

14.5/16〜18

劇団転機予報、王寺町やわらぎ会館にて第二転機「銀河規模における、重力と恋愛に関する考察」(=第6回奈良演劇祭参加作品)を公演。演劇祭の公式チラシとは別に、劇団専用のフライヤーDMをデザインしました。2月に続いての宣伝美術担当でした。DMのデザインでストーリーの楽しさを表現するのに苦労した作品。

14.02/23

劇団転機予報、王寺町やわらぎ会館にて第一転機「クモのイト」を公演。芥川龍之介の小説を再構築した舞台で奈良に旗を揚げました。演劇部出身者も少なく舞台経験もゼロに近い彼らですが、良い具合に情熱があって良い意味で馬鹿で、まとめて言うと今後が楽しみでした。宣伝美術のピンチヒッターとしてチラシデザインを担当しました。

14.2/2

奈良市音声館へ、熱血エンターテイメントウルトラエンジン改のハイブリッドシリーズ第3弾「月に見た君」を観に行きました。今回は若手公演だそうで、中核メンバーが忙しい本来ならオフの時期に若手が主体となって舞台を作るという位置付けでした。ウルトラエンジンが「改」になってから初めてのオリジナル脚本(小説をもとに書き起こし)。良い話、良い舞台でした。

14.1/31〜2/2

W.strudel、大阪芸術創造館にて第2回公演「Psyborg Papa」を公演。今回始めて参加し、チラシデザインを担当しました。舞台は少しダークな雰囲気の近未来サイバーものです。本番は見られなかったので舞台の感想は省略します。

14.1/18+19

Artist Unit イカスケ、王寺町やわらぎ会館にて第五回奈良演劇祭金鹿賞受賞公演「田所クライシス セカンドインパクト」を公演。チラシデザインを担当しました。時間はあまりとれませんでしたが、コミカルにポップに、かなり演劇らしくないチラシに仕上げられました。

13.12/6

シアトリカル応典院に斬撃ニトロの「青春デッドヒート」を観に行きました。この劇団の観劇は2回目ですが、若さと勢いがあり舞台でありながらマンガのような展開。とても見やすいです。ただ客演陣の演技が完全に勝っているのがもったいない。良い意味で次回以降に期待です。

13.11/23〜24

劇団挫折、天王寺オーバルシアター(元ロクソドンタ)にて久々公演「SSG 土方スリッパ」を公演。宣伝美術を担当しました。仕事としてご一緒したのは2006年以来なのですが、ひさしぶりにお願いしたいですとチラシを依頼下さったのが嬉しかったです。馬鹿らしさをストレートに!ノリを信じてデザインしました。

13.11/15〜17

劇団EVENT-STATION.、王寺りーべるホールにて第25回公演「防人の剣 Sakimori no Tsurugi」を公演。4作続いた和物のしめくくりは(2013.11.27、劇団から誤表記の指摘をいただき訂正しました)今回は奈良時代のお話。昨年の「屍螢」ではパンフデザインのみ担当しましたが、今回この団体では7年ぶりにチラシからパンフまで宣伝美術全般を担当しました。出だしのチラシ+ロゴデザインから演出さんの欲しいものがピタッと出せ、全体に手応えのある作品になりました。

13.11/8〜10

n.p.c.(中聡一朗プロデュース)、大阪芸術創造館にて3rd stage「HANAMIZUKI 〜try again〜」を公演。激富の初演から20年振り、前回からは6年ぶりの再演でした。昔と今の自分がコラボ。今なら出来る事をリトライできるのが再演の長所の一つですが、20年ぶりで同一の演出さんが作り直すのは傍目に見てとてもワクワクしました。宣伝美術全般を担当しました。

13.9/15

in→dependent theatre 1stへ、シアターシンクタンク万化の「8ビットの日々」を観に行きました。前編後編と別れた造りでしたが、やはりこういった作品は両方通して観るのが正解のようです。ゲームの話ではありながらイージーモードではない人生がリアルでした。

13.8/31〜9/1

熱血エンターテイメントウルトラエンジン改、やまと郡山城ホールにて5th HEAT「ケンジ先生」を上演。初めて宣伝美術として参加しました。初参加のためいくつか課題は残りましたが、楽しく製作できたこと&心から喜んでもらえたことが一番大きいです。原点に返る気持ち。

13.8/10〜11大阪
13.8/17〜18広島

演劇集団よろずや、大阪ABCホールと広島東区民会館の2都市で第22回公演「バイバイ」を公演。宣伝美術を担当しました。2011年に上演した作品が広島からの要望を受け早くも再演となりました。広島では演劇文化があまり活発でないそうで公演が成功するか心配が多かったのですが、「大成功した」といって差し支えないでしょう。

13.7/28

舞台であいましょう2013、奈良のカフェmonsieur PePeにて音楽イベント「わたし〜color〜あなたへ」を上演。当日のスチル撮影を担当しました。ピアノ・ドラム・ボーカルと役者達のイベントでしたが、やはり自分はピアノが好きなんだな。リハーサル前のレベルチェックで不肖ながらテスト演奏をさせてもらえて幸せでした(笑)

13.6/14〜16

劇団EVENT-STATION.、王寺りーべるホールにて第24回公演「SHIKIBI -死鬼火-」を上演。舞台撮影を担当しました。初めてのホールでの撮影は、いつになっても緊張します。良い写真は撮れました。でも次に使う時はもっと撮れる。アナログですが割とそういうものです。

13.5/17

HEPHALLへ、ムーンビームマシンの「ドロテアノヒツギ」を観に行きました。若者だけでなく子供やご年配のお客さんまで幅広く楽しんでいたのが印象的でした。違う層に同時に伝わるのって難しいことです。初日だったのもあり、もっとこうだったらという未完な箇所もありましたが、その期待はベースが良いからこそです。ただ正メンバーが少人数で作業を大量に背負っているような感があったので、もっと周囲を巻き込んで分散で作ると良いなと思いました。パンフも基本は良いのですが時間の足りなさが痛いぐらいに伝わり、例えば外注とかしてくれたらいいのにと・・・わりと本気で。

13.5/15

心斎橋club jungleへ、シンガーソングライター結奈さんのライブ撮影で入りつつ音楽も楽しんできました。演劇とは全然違うジャンルだけど音楽もたまには良いものです。演劇とは違うなと思ったのは、前もってのアナウンスが少なすぎること。パンフや出演順リストなどが特に無く、各自のフライヤーも明らかに手作りで情報や案内が足りない。あと何組?とか、名乗りを聞き逃すと誰だか分からない。僕のような初見のお客さんには酷です。ブッキングなら案内は欲しいし、フライヤーを挟むにしても初めは手作りでも慣れた頃に誰かに頼んでみるとか、出演側の進化にともなって客にプラスになる何らかの変革があればもっと良いのにと思いました。

13.4/13

大和高田市のスカーフェイスへ、夢歩行虚構団の第73回公演(結成20周年記念プロジェクト春の陣)「月に呼ぶ声、月が喚ぶ声」を観に行きました。難しい演目ですが16年前の初演から相当本を練り直したであろう事、演者の実年齢が追いついた事、本物のバーが舞台となった事。演技は少しバラツキが残っていましたが僕は却っていい味・リアリティとして捉えました。かなりウェルメイドに近かったと思いますが、良い意味でもっと作って欲しかった。秋の新演出での再演がどう来るのか楽しみです。

13.3/22〜25

バンタムクラスステージ、弁天町世界館にて第X回公演「CXXX:PIEDPIPERs ハーメルンの記憶」を上演。この公演を最後に拠点を東京へ移すそうで、大阪最終公演にあたります。チラシなどとは全く別仕立てで販売用パンフレットの作成で初参加しました。演技練習・デザイン期間とも短期間集中型。舞台本編の仕上がりが大変面白く、知人からも好評でした。パンフもお陰様で無事完売。長期醸造ができなくとも注ぎ込む熱量でガツンと仕上げられる、久しぶりの良い経験でした。

13.2/23〜24

奥野恵プロデュースMaK、奈良市音声館にて「男人禁制!(なんぴときんせい)」を上演。宣伝美術担当というほどではない緩やかな立ち位置で、デザインまわりの助言協力として参加しました。女の子の本音を覗き見るような世界観に合わせてガーリーな雰囲気に苦戦しつつ色々試せました。

13.2/1〜3

激富(GEKITONG)、ABCホールにて「Angel Fang〜天使の牙〜」を上演。前回に続き宣伝美術として参加しました。短期間かつ経験のない作風指定の宣伝美術製作でしたが楽しく仕上げることができました。そして今作のゲスト出演は、元宝塚女優の藤咲えりさん。退団後初の舞台出演とあって、宝塚にはまずない量の殺陣があるうえそもそも男性との共演は初という難しい舞台でありましたが、見事に仕上げていたのが印象的でした。未経験分野への挑戦、まだまだ続けるぞと思った舞台でした。

12.12/14〜16

大丸心斎橋劇場へ、総合学園ヒューマンアカデミーの卒業公演「雨と夢のあとに」を観に行きました。というのも先日の義朝記打ち上げでこちらの生徒さんにチラシをいただき、僕も2007年に同じ作品の宣伝美術を担当したので当時の作品(常に携行)をお見せしたところ「今回は裏方だったが、自分もパンフを作りたくなりました」と。そのまま先生に話が回り、本当に作ったというので観に行ったのです。作る気持ちがあふれる大変良いパンフでした。僕も良い刺激をもらいました。入川さんお疲れさまでした。

12.11/25

演劇集団よろずやが八尾のプリズムホールにて第21回本公演「義朝記」を上演、宣伝美術で参加しました。デザインの前提条件がやや難しく、悩みながら仕上げたチラシ。かたや、自分の掛け持ちと少ない稽古日で時間に悩まされたパンフ。結果いつもと違うアプローチを経験でき、またひとつ新しい引き出しができました。

12.11/22〜24

event-station.が王寺町やわらぎ会館にて第22回公演「屍螢-Shikabane Hotaru-」を上演、当日パンフレット製作を担当しました。2006年のSuperHERO以来6年ぶりの参加。長年やりたかったミシン製本などデザインネタを盛り沢山詰め込んだパンフになりました。休憩を挟んで2部構成のエンタメ時代劇は迫力と見ごたえがありとても面白かったです。

12.9/23

一心寺シアターへ、ドラマティック・カンパニー20周年記念公演・第二弾「阿呆浪士」を観に行きました。6月にご一緒した中尾隆聖さん所属の劇団、久々の大阪公演。そしてアニバーサリー公演。確か出演されている方は声優さんが多いと思うのですが、良い意味でそれを感じさせない舞台でした。型通りだけでない「挑戦」を感じられる舞台。この先30年、40年と続く為に、同じ事をするのではなく変革して行く方を選ぶんだという気概を見た気がしました。

12.9/16

ウイングフィールドへ、A級MissingLink番外公演「この海はどんなに深いのだろう」を観に行きました。1時間程度のショートな舞台。入れ子構造というやつでしょうか?僕には複雑で、ストーリーの勘所を理解できなかったのが残念でした。※複数の劇評での好評と自分の感想の差がかなりあるので、単に自分が難度の高い芝居が苦手なのだと思います。なのであくまでひとつの感想として。

12.9/9

天王寺ステージプラスへ、鯨椅子プロジェクトの第一回公演「ヒトが傷つかない魔法」を観に行きました。子供でも分かるようなエンタメ溢れるストーリーをあえて大人が丹念に練った贅沢な舞台、良作でした。舞台が良い分、チラシが少し残念。表の切り絵は良いのだからもっとレイアウトも作り込むべきだと思いました。

12.8/11〜12

熱血エンターテイメントウルトラエンジン改がやまと郡山城ホール小ホールにて第4回公演「新・ぼくの先生」を上演、舞台撮影で参加しました。小ホールとは言いながらかなり広い舞台だったので、舞台前を1人で移動して撮る僕の手法よりは2カメラ体制で前列移動+中列固定のほうが理想的だったかもしれません。2人体制にはまだ無理が有りますが。

12.8/3〜5

中聡一朗プロデュースがin→dependent theatre 2ndにてプロデュース公演「triangle」を上演。宣伝美術と舞台撮影を担当しました。よくできた事ともっとできたはずの事、両方をはっきり感じた舞台でした。チラシ撮影・舞台撮影とも今までとは違う撮り方を試し、こちらは多くを得られました。

12.7/8

トリイホールへ、amwasの「乱暴と待機(原作:本谷有希子)」を観に行きました。小さな小屋に合ったスケールのセットながら綺麗に家の外、中、天井裏まで成立していました。4人のキャストそれぞれ濃い。濃さのぶつかりあい。一言では伝えにくい不思議な感じの舞台でした。

12.6/15〜17

激富がABCホールにて激富スペシャル2012「秀吉死す!」を上演、宣伝美術を担当しました。声優界から中尾隆聖さん・松岡由貴さんを迎え、アンサンブルも合わせると30名以上となる大所帯。盛り沢山な殺陣、すばらしい衣裳や小道具、それら全てで徹底してエンタメを通す演出でした。

12.5/25〜27

昨年につづき、今年も「第4回奈良演劇祭」の宣伝美術を担当しました。大阪での撮影スケジュールがちょうどかぶってしまい、本番を観られなかったのでレビューはありません。

12.5/4+5

演劇集団よろずやが京都の大江能楽堂にて第20回本公演「青眉のひと」を上演しました。前回3度目の再演で宣伝美術を担当して以来、今回4度目の再演も引き続き宣伝美術を担当しました。前回上演からそれほど間がない中、チラシのデザインも演技も「無理に変えない」事の大切さに挑んだ舞台であり、確実に多くの事を学びました。あまりたくさんの舞台を観る方ではありませんが、この芝居は間違いなく誰にでも勧められるもののひとつです。と同時に、将来また再演する時がきたとして自分がチラシに何を足せるのか、何を変えないのかがデザイン活動の指標になることでしょう。

12.3/30〜4/1

A.I.FILMsが、東京の荻窪かいホールにて4度目の再演となる「オヅの魔法使い〜ドロシイ監禁地獄!〜」を上演しました。チラシデザインのみを担当しました。制作時間が短いことでかえってストレートに作れたため気付いたことも多く、また新しい顔ぶれとの出会いが多くとても新鮮な気持ちで挑めた舞台でした。東京の舞台にはこれが初参加。

12.3/31

奈良の演劇ユニット劇人が、奈良市音声館にて久々となる無料公演「さい・あい」を上演しました。宣伝美術&一部の小道具製作として参加しました。芸大卒業以来長らく自分の手で絵を描く感覚を忘れていましたが、この仕事で思い出すことができました。

11.12/17〜18

演劇集団よろずやがABCホールで上演した第19回本公演(15周年記念公演)「バイバイ」の宣伝美術を担当しました。実在した野球選手の生涯を描くこの作品は、座長がこの話を上演したいがために芝居をし劇団を立ち上げたという文字どおり意欲作です。目立たない工夫ですがチラシの配布時期によって4段階でデザインを変更しました。主人公の一生を4枚の写真で表す狙いでした。ラストシーンでの実年齢と近いのもあり、自分がこれから何をして生きていくか考えさせられた深い作品です。

11.11/11〜13

激富がABCホールで上演した激富2011「夏嵐(げらん)」の宣伝美術を担当しました。今までに激富の舞台を観たことはありませんでしたが、石田アキラさんから熱烈に推して頂き参戦が実現しました。小演劇では劇団新感線以外でなかなか見ないようなB4大16ページのフルカラーパンフを製作できた経験はとても大きく、出演が約40名と大所帯だったことも初の経験。未知の作業でしたが達成感が味わえる仕事となりました。舞台はジェットコースターのようにスピーディでコミカルで泣かせにも来る感じ。新感線テイストを土台にフランキー仲村さんの演出や多彩な出演者の持ち味がミックスしたエンターテイメントな舞台でした。

11.11/07

シアトリカル應典院へカメハウス第二章始回公演「マクベス(破滅編)」を観に行きました。僕自身初マクベスですがシェイクスピアを知っている必要は全く無く、激しいダンス+力押しの台詞+漫画的派手め演出で2時間半を押し切るパワフルな舞台でした。手直しが追いついていないシーンが何カ所かあったものの、最終日まで歩みを止めず完成させていっているのが感じられ、むしろ勢いがありました。同時に、初日がこの勢いだったらもっとよかったかな、とも。演劇では稀な音量レベルの低音が無理なく鳴っていて心地よかったです。そんな舞台に宣伝美術が釣り合わなかったのがとても残念。

11.11/03

奈良市音声館へactize AdayAct vol.1「holyland」を観に行きました。
「音楽と演劇と映像の融合」と銘打ちながら単に演劇でしかなかったのがとても残念です。一日の興行に限る事で社会人が参画しやすいようにという趣旨は良いものの、映像も音楽もそして演劇もあと一歩踏み込んで欲しい出来でした。その一日のためだけにもっととんでもない時間・労力・気合いを込められたならもっと楽しめるイベントに出来るはず。

11.09/17

能楽団体「鼓舞志座(こぶしざ)」主催のワークショップ「鼓舞志座能楽Lab vol.1 21世紀の芸能と役割」の宣伝美術を担当しました。能楽の堅い印象を打ち破りたいと関係者面々が悩み試行錯誤し、やっと旗揚げにこぎ着けた記念すべき第一回の「実験」です。能楽を全く知らない私から見ても分かりやすく、有意義な催しとなりました。これだけ難しい印象の催しが初回から満員となったのも誇っていい事だと思います。

11.07/15〜17

芝居屋*彼誰刻が天王寺ステージプラスでvol.3「今夜も雨が降る。少しずつ何もかも怖くなった。」を公演しました。当初当日パンフレットをデザインする予定でしたが不参加となりました。生演奏を舞台の中心に据えての濃密な芝居。直接ではない表現方法で直接表現し、伝える芝居でした。少し迷いがみえたところもあったのですが、躊躇したであろう題材をかなりやりきっていたと思います。

11.06/26

京都のアートコンプレックス1928へ、「コンドルズ合宿ワークショップ2011」の発表会を観に行きました。とても濃密な1時間でした。実質3日で、初対面の人達が作るダンス。楽しい!

11.06/12

天劇キネマトロンにて、コエキカクによるロードクイベントvol.2「一日一善!!労読組合」が開催されました。前回に続いて豪華な顔ぶれ。今回はブッキングではなくなり単独公演。やりたいことが思いきりやれた舞台でした。あまりにもチラシらしくないチラシが好評でした、意外と。宣伝美術として参加、作品ページに作品掲載。

11.05/26〜29

王寺町やわらぎ会館4Fイベントホールにて「第三回奈良演劇祭」が開催されました。今年は台風に当たり全日程雨でしたが、6団体と運営チーム1つと1つのユニットが参加して23公演を無事終えました。チラシ、チケット、当日パンフレットのデザイン一式と上演作品の撮影を担当しました。

11.03/19〜20

プロデュースユニットななめ45°(=パントマイムのワークショップグループ)がシアトリカル應典院にて「キノピヲ」を公演しました。当日パンフのみのデザインと舞台撮影で参加しました。厳しい時間制約や大きな内容変更をうまくパンフレットデザインに活かすことが課題でした。とても静かできれいな舞台になり、カメラのレンズ越しにでも観て良かったと言える舞台でした。

11.03/12〜13

劇空間NKボムの5年ぶりの公演、第11回公演「サメが群がるカスタード」がin→dependent theatre 1stにて上演されました。当日パンフレットのデザインのみで参加しました。今回は製作期間を長く取った一方で気に入らず数回ゼロからやり直したパンフ。煮詰める時間は足りなかったけれど脚本の名乃さんと直接企みあえたことでやりたいことができました。

11.02/25〜27

王寺リーベルホールにてEVENT-STATION.が第18回公演「Secret eyes」を公演しました。前回公演で初めてこのホールを使ったときとは打って変わって音・明かり・演技とも作り込んだ舞台でした。やわらぎホールと違い、舞台と客席がフラットなため小劇場のように目の前で演技する近い距離感が独特。低い位置の演技が見える工夫ができればもっと楽しい小屋になりそうです。

11.02/19〜20

王寺やわらぎ会館にて熱血エンターテイメントウルトラエンジン改が第3回公演「四月になれば彼女は」を上演しました。裏方手伝い(+撮影)だったため舞台は少ししか観られずでしたがバラエティ豊かなキャスト陣がかもし出す楽しい雰囲気が良かったです。

11.01/22〜23

奈良市音声館にてAirflowが第8回公演「だいじなじかんのまもりかた。」を公演しました。1年と少し休んでの今回は、派手な演出や設定などが一切なく心情ストレートな芝居でした。多分脚本は実際に感じたことで、そこが曲げられていないのが好感。全体に見やすかったです。物足りなさももちろんありますが、いい意味でもっと頑張れ!

10.11/23

奈良市音声館にて、即興劇団 一陣の風が『ラブラプソディ vol.1-指輪のゆくえ-』を公演しました。指輪をキーワードにして奈良ゆかりの3人の脚本家が書き下ろした3本の2人芝居を昼の部夜の部でキャストチェンジして上演。違う味が一度に楽しめる企画はなかなか面白かったです。ただこの企画が1日限りなのはお客がつらい(両方を観るのが実質難しい)。数日連続が役者的にNGなら1週間あけての2回などまだ戦略はあるはず。

10.11/07

奈良県のリーベルホール(西友の5F)にてEVENT-STATION.が第17回公演「speakers-スピーカーズ-」を公演しました。
※大きく遅刻してしまったのでレビューは割愛します。

10.10/30

旧北天満小学校にて都会の廃校を舞台にした秋フェス第2回「題名のない音楽祭」が開催されました。ひょんな繋がりから告知ポスターのデザインで協力させて頂きました。残念ながら予定が重なり観に行けなかったですがかなり盛況だったようです。

10.10/29

ウイングフィールドへ、くじら企画 大竹野正典 追悼三夜連続公演 第二夜「密会」を観に行きました。普段自分が見るエンタメ作品とは全く違い、普通そうな人間もみなどこかが変で、でもそれが自然な舞台でした(短文レビューではうまく書けなくてすみません)。近くの席から「当時ここまで客が入らなかったのはちょっと皮肉だね」と漏れ聞こえましたが言い得て妙かも。大勢に評価されることと作品の力とは比例しない。力強く、深い芝居でした。

10.10/22

阿倍野ロクソドンタブラックへ、千本なぐりの4thStage「底流、」を観に行きました。代表をはじめ出演者も前説も多数が知り合いなので知人の近況を観に行く=遊びに行く感覚でした。底流と停留をかけ、前に進めない人々を描いた舞台。現実に通ずる感覚があって書いたのではと思います。残念ながらその感覚と舞台とのすき間(迷い?)が大きすぎて、物足りなく感じました。

10.10/08〜11

POLE SHIFT、阿倍野ロクソドンタブラックで事実上の旗揚げ公演(今まで短編やブッキング出演ばかりだったため単独長編は初)「星の聞こえる丘(仮)」を公演。カメラ撮影をしないで作る宣美を標榜してごくシンプルなチラシになりました。芝居らしくないチラシにしたにも関わらずチラシを観て来場下さった方が多かったとのこと、演劇のデザインに定型などないなと実感しました。宣伝美術を担当、作品ページに作品掲載。

10.10/09+10

演劇集団よろずや、谷町四丁目の山本能楽堂にて第18回本公演「青眉のひと」を公演。製作中の苦労も多かったですが、とても感動した舞台でした。大阪の演劇チラシとパンフレットに新たなテイストを提案したい一心でかなり無茶をしました。宣伝美術とVTR収録を担当。作品ページに作品掲載。

10.09/26

精華小劇場へsampleの「自慢の息子」を観に行きました。宣伝美術は京さん。「R15な雰囲気、投げっぱなしで回収しない笑い、笑うというより失笑を楽しむ感じ」とは京さんの的確な説明です。舞台素人の僕には正直その部分の良さは分からなかったです。しかし舞台の拡がり方や国境の表し方は美しく、癖があるようでいて憎めない人物は少し面白いと感じました。

10.07/09

阿倍野ロクソドンタブラックへ、ピルココの「Hello-good bye」を観に行きました。抽象的なセット、少なめのME、暗闇を見せる照明で戦争の「静けさ」を感じさせる舞台でした。これに合わせてだと思われますが、チラシもカラーを一切使わないという初動を貫いたのは良かったですが、もっと色のないことを突き詰めて活かせばさらに静かに、闇が迫るデザインになっただろうと思います。あえて舞台でなくチラシの感想を。

10.07/02

インディペンデントシアター1stへElephant Talk「誘拐には、誘拐を。」を観に行きました。コメディタッチかつシリアスなストーリーでした。白木原さんのお誘いで初日打ち上げにお邪魔しました。「笑いは難しい。自分が観る側なら分かる笑いでもやるのは難しい。」打ち上げでみなさん仰っていたことです。しかし難しいからしないのではなく、あくまで挑戦する。それはとても大事なことだと思います。

10.05/27〜30

王寺町やわらぎ会館4Fイベントホールにて「第二回奈良演劇祭」が開催されました。今年は平城遷都1300年祭の記念事業に加わっているようです。全7団体と臨時ユニットが参加しての22公演を無事終えました。当日パンフレットのデザインと上演作品の撮影を担当しました。これからも奈良で演劇祭が続きますように。作品ページに作品掲載。

10.04/24

シアトリカル應典院へシアターシンクタンク万化の「ホワイトライ」を観に行きました。(昨年の自由派DNAと同じく万化も2年ぶりの公演だそうで、この2年は大阪の劇団に何かを与えた時期なのかも知れません)漫画やサブカルチャーをふんだんに取り込み、今作はさらに数学をキーにした知的エッセンス+アクション溢れる世界観。肝心の数学の部分や導入部の映像が消化不良なのが残念でしたが、そこが変わればなかなか面白くなるのではと思いました。

10.03/27

中崎町MOVE FACTORYへ「安定志向の過剰な市民サービスvol.1」の漫才・コントを観に行きました。福田さんから執筆中の苦労(短編以外を書くのは初らしい)を聞いて、それなら完成を観に行かなければと。初らしさで荒削りなところはあったけれどちゃんと線は通ってました。あと、諸々の事情から急にお金を徴収できなくなった事態を「アホ割0円にしました!」と言い切る機転が一番面白いと思いました。

10.03/22

インディペンデントシアター1stへ寺田夢酔プロデュース「唇からナイフ」を観に行きました。脚本は中島かずき作。科学雑学の知識をベースにした語り口は初め馬鹿馬鹿しく、中盤畳み掛けるようにシリアスに膨らんで行き、何事もなかったかのようにすっと終わる。王道すぎるパターンですが、12年前の本が今観ても王道だと思わせるのは凄いことでしょう。個性的な役者陣、マッチしてたと思います。この本に限っては勢いが全てで噛んだとかつまずいたとかはどうでもいいなと思えました。

10.03/22

いかるがホールへ劇団いかるが春公演 ワンコインシアター2の「可児君の面会日」「葵上」を観に行きました。岸田國士と三島由紀夫の作による古典演劇。言葉遣いも生活習慣も現代とは全く違い、当然脚本家が面白いと感じて取り上げたポイントも違い、僕には難解でした。しかしそれも温故知新、面白いとは何なのかを考えるきっかけにはなりました。

10.01/29〜30

演劇集団よろずや、大阪難波のワッハ上方にて第17回公演「油小路の八人」を公演。幕末が舞台のアクションホラー活劇に総勢27名の大所帯で挑戦しました。剣術、棒術、槍術、もちろん全員和服を着て、それらが入り交じる殺陣(たて)芝居。時代劇ものの宣伝美術の難しさを痛感し、自分の引出しの少なさを思い知りつつも、自分のキャパシティの限界を見ることができた大事な仕事でした。作品ページに作品掲載。

10.01/14〜17

ねをぱぁく ACTion*1、S-Pace協力公演「ミズに似たカンショク」の舞台撮影に入りました。一幕ものの静かで重い雰囲気と演技とセットと照明がそこに「部屋」を作る舞台でした。時折入る水音が写真に撮れていれば良いのですが。実は静かすぎて何度かシャッターをためらいました。これはいけない!仕事を終えてすぐ消音ケースを導入しました。

10.01/11

即興劇団一陣の風、奈良市音声館にてシェイクスピアの「Romeo and Juliet 〜古典って素敵シリーズ〜」を公演。休憩を挟んで日本語と英語の2本立て。昨年末に役者がインフルエンザ感染のため中止延期となっていた舞台です。英語編は発音が辿々しい箇所が多く、演者による差も大きかった(個人で英語を覚えただけで語学監修がされていないのかも?)のが残念でしたが、あれだけの量をバイリンガルで覚えきった点は十分評価していいと思います。セットを椅子以外置かない設定でしたが、個人的には何もしていない素舞台ではなくもう少し「作り込んだ素舞台」が見たかったかも。

09.12/4〜6

劇団自由派DNA、大阪日本橋のシアトリカル應典院(おうてんいん)にてcollection No.14(=第14回公演)「GPS」を公演。2年ぶり14回めの公演に宣伝美術で初参加しました。言葉遊びが多く身体の動きも多い一方で静けさも綺麗で印象的な舞台でした。時間や費用の制約があった上で参加しましたが、その範囲を最大限活かすデザインができたのではと思います。作品ページに作品掲載。

09.11/21〜22

EVENT-STATION.、王寺町やわらぎ会館にて第15回公演「Samurai Chronicle」を上演。旗揚げ10周年に劇団初の再演を選びました。キャストが一新し演出が重めに変わったため、初演の軽快なテンポが消えてこの本の良さを欠いたのが惜しかったです。それでも比較の目を避けられない再演をあえて選んだ事、周囲の多くがこの団体で一番好きな本であるSamuraiだったことは良い選択だったのではないでしょうか。ただし終演後の記念式典は完全に蛇足でした。

09.10/18

言葉戯語戯(コトバタハムレカタリタハムレ)とLet'sGO!!GO!!労読組合の2チームによる朗読のイベント「コエキカク ロードクイベント vol.1」が大阪中津Vi-codeにて開催されました。音楽と朗読の融合、タレント・声優さんの朗読、プロナレーターの朗読、映像との共演、舞台役者の劇+朗読、ヒーローショーで朗読、ほか書ききれない豪華キャストで「朗読」を遊び尽くす企画でした。宣伝美術で参加しました。作品ページに作品掲載。

09.10/2〜4

劇団レトルト内閣、ABCホールにて第15回公演「哀願ソワレ」を公演。ど派手な見た目に終止しながらも、言葉の意味や遊びを大事にしたスピーディーな舞台でした。神戸風味のビジュアル系新喜劇、なテイストでした。結末を見せずに終わりましたが想像の余韻を与えること以外に続編を考えているのかも?

09.08/22〜23

演劇集団よろずや、シアトリカル應典院(おうてんいん)にて若手番外公演「騒擾-ソウジョウ-」を公演。番外公演らしく本公演と違ったテイストに挑戦した舞台でした。チラシのイメージに近い青と暗闇の舞台が印象的でした。宣伝美術として参加、作品ページに作品掲載。

09.08/16

心斎橋そごう劇場に大阪女優の会vol.7(朗読劇)「夕凪の街 桜の国」を観に行きました。ベテランから若手までが集い、イラク戦争開戦からから毎年平和を訴えてきた舞台。それを安価にすべく役者もスタッフも文字どおり手弁当で集まって作っていること、それが単発に終わらず7年続いていることが一番大事なのではないでしょうか。昨今小劇場の閉館が相次ぎますが、ここも月末で閉館するそうです。

09.08/08

京都のART COMPLEX 1928にて少年王者舘vol.33「夢+夜〜ゆめたすよる〜」を観ました。youtubeにもいくつかムービーがありますが、ここの舞台は映像効果がとても面白い。本物か作り物か分からなくなる、まさに夢と夜な舞台でした。ビデオで観ても伝わりにくいという意味で生の舞台味あふれる公演でした。

09.07/20

梅田のHEP HALLにて、ピースピットVOL.9「悪辣」の千秋楽を観ました。休憩を挟み3時間30分にわたるエンターテイメント溢れるチャンバラ演劇。息をつく暇なくあっという間でした。出演者が20名余りもいながら全員キャラクターがたっていたのがすごい。千秋楽ならではの疲れと、残った力を出し切る感じがむしろこの芝居に合っていたと思います。パワーをもらえる舞台でした。

09.07/12

阿倍野ロクソドンタブラックにて、ATLASの第五回公演「ポケットに、いつも。」を観ました。ATLASは堀川高志さんが宣伝美術で携わっている団体で、昨年の宣伝美術サミットでチラシを観て以来気になっていました。ストーリーは楽しく、分かりやすかったです。舞台セットの切り取り方が面白く、暗転にはっきり意味がある舞台でした。

09.06/25

伊丹AI・HALLにて、PM/飛ぶ教室の第25回公演「会えないで帰った月夜」を観ました。静かなストーリーと賑やかな登場人物と空まで続きそうな階段のセットが素敵でした。日本人と月と雨。よろずやとちょうど同じ題材でも違う解釈(当たり前ですが)を感じたのが面白かったです。

09.05/31

大阪日本橋のシアトリカル應典院(おうてんいん)にて、演劇集団よろずや第16回公演「梅雨日和」を観ました。古い日本家屋の一角を丸ごとセットで再現。畳も縁側も。物語のキーになる雨戸も開閉可!聞けば大掛かりなセットはここ2〜3回から始まったとか。素人な感想ながらすごい舞台だなと思いました。散り散りだった家族の数年振りの再会。性格にバラバラ感が出ているけど、最後はやっぱり家族がひとつにまとまる。そんな流れに「おとなしい演劇」が合っていたと思います。

09.05/23〜24

大阪日本橋のシアトリカル應典院(おうてんいん)にて、ななめ45°(よんじゅうごど)が「ホヲツタフ」を公演。パントマイムを用いたセリフのない舞台でした。当日パンフのデザインで参加しました。途中参加でほぼ初対面のメンバーと1ヶ月の交流でしたが、幅広く濃い経験となりました。作品ページに作品掲載。

09.03/28

難波の精華小劇場にて、柿喰う客 JAPAN TOURの「恋人としては無理」を観ました。客入れも緊ソンも鳴らず照明ほぼオフの真っ暗な舞台(しかも円形舞台!)が目の前に。始まるとすぐ団体名の意味が分かります。台詞も配役転換(12役を6人で交互に演ずる!)も超がつくほど速い。序盤はほぼついていけず。しかし不思議と慣れてきて見入り、60分息つく暇なく終演。笑いどころだけは残念ながら不発でした(東西の笑い文化の差かも?)が、見終わってから友達と話がしたくなる不思議なエネルギーがありました。次も観に行きたい舞台。

09.03/21

マイムミーツフランス文学の「ゾウをのみこんだウワバミの絵 黙劇 Le Petit Prince」を観に新大阪KOKO PLAZAへ行きました。マイムは初観劇です。ワークショップなぶん、技量のばらつきはありましたが台詞のないマイムともともと言葉のない絵本世界は良い組合せで楽しめました。

09.02/15

未知座小劇場にてCritical Creation code:02「souvenir - episode2」を観ました。まずなによりも大阪でワンコイン(500円)公演を実現することに大きな意義があると思います。すごいです。この劇場は狭さで有名ですが舞台と客席がフラット&目の前になることで同じ場にいるような臨場感がありました。静かなストーリーで安心して見られました。

09.02/11

Airflow & Act-ize合同公演、奈良市音声館にて第6回公演「ボクラだけの詩」を公演。ショート脚本(15分程度)を4本上演しました。チラシに内容情報が全く載っておらず始まってから驚きました。4本を団員4人で書いた、特に脚本未経験者含む点は良い試みだと思います。

09.01/23〜25

爆苦連名世!(ばっくれんなよ)、インディペンデントシアター1stにて第8回集会「Looooooooooop?(ループ?) -The Secret Agent Men 駆ケル-」を公演。演劇とコントとマイムとを混ぜた舞台でした。宣伝美術として参加、作品ページに作品掲載。

08.12/12+13

EVENT-STATION.、奈良市音声館にて第14回公演「Scarecrow(スケアクロウ)」を公演。前作「Sympathy」と似た静かなストーリーでした。一幕ごとがやや長く淡々とした舞台でした。いよいよ次回で10周年。

08.9/13

奈良市内某所にて第1回宣伝美術家サミット(in奈良)を開催。東京、京都、大阪、奈良で活動中の宣伝美術家5名が集まりました。4時間に渡って互いの活動をプレゼンしあい、それぞれ形にできない何かを得て(発散して?)無事閉幕。宣伝美術の点が線・面になりました。詳細はブログに。

08.7/12&13

熱血エンターテイメントウルトラエンジン改がやまと郡山城ホール小ホールにてハイブリッドシリーズ第1弾 「ヒトミ」を公演。6年振りでキャストを総換えしウルトラエンジン改を名乗りました。

08.6/21&22

演劇集団クラッシュプリン、王子町やわらぎ会館にて第10回公演「TWO」を公演。第1+0回公演と銘打ち同一の脚本を配役・演出違いで2チーム上演しました。両方を見ましたが、役者・演出によって解釈が変わる面白さがありました。(もちろん2倍の苦労もあったとのことですが、良い苦労だと思います)

08.5/31

unit-IsM(ユニットイズム)、奈良市音声館にて第3回公演「Mistake Hotel」(ミステイクホテル)を公演。ピースピットの末満健一氏が作った男性3名、女性1名の迷路のような会話劇でした。「不思議で奇妙でバラバラ」な話を一枚のデザインに固めるのは難しく楽しい作業でした。宣伝美術として参加、CGページに作品掲載。

08.5/18

劇団Airflow、奈良市音声館にて第5回公演「@m;Age-アット・メイジ-」を公演。キャラメルボックスのお芝居が好きなのがよく分かる脚本でした。伝えたいことをなかなかうまく伝えられなかったり、はたまたストレートすぎて伝わらなかったり。このお芝居で取り上げたテーマは演劇に限らず創作活動自体に通じることで興味深かったです。

07.11/23+24

EVENT-STATION.、奈良市音声館にて第13回公演「Sympathy」を公演。長い冬眠を経て「全員女性キャスト」で復活しました。かつての売りだったアクションは影をひそめ、静かな日常劇でした。この脚本で一番伝えたかったのは寂しさかな?と感じました。回収されない伏線が多く気になりましたが・・・もしかして次回に繋がるのかも。

07.10/6+7

演劇集団クラッシュプリン、王子町やわらぎ会館にて第9回公演「STAR DUST DREAMS(No.-ナンバーナイン)」を公演。無料(カンパ)公演。脚本に佐野春日を迎え映像と歌も製作、照明にはlight_manが入って盛りだくさんな無料公演でした。

07.8/18+19

劇人07(七福神)、いかるがホールにて第12回公演「雨と夢のあとに」を公演。TVドラマでも知られる原作小説を脚本化したのがキャラメルボックスという、タイムリーに有名なお話でした。静かながらに面白い舞台でした。今年も無料公演。劇人初の2日間3ステージ公演で劇人の動員記録を更新しました。宣伝美術として参加、スペシャルページに作品掲載。

07.2/3〜4

演劇集団クラッシュプリン(仮)、王寺町やわらぎ会館にて第8回公演「大正ラナウェイ」を公演。パワーが詰まった舞台でした。開演直前に着いてパンフを読まずに観ましたが、分かりやすく十分ついて行けました。宣伝美術的に最近静かに流行っている「折りなおすと文庫本カバーにできる仕掛け折り」をパンフの構造自体にも活かしていたのがお見事でした。

06.11/25&26

王寺町やわらぎ会館にて、演劇ユニット・古都ファミリーポムのKが「黄金のマーブル」を公演。未来の地球を舞台とした漫画の世界に突然巻き込まれる人々。止まらないストーリー。スピードとスローが交錯する楽しい舞台でした。カメラが壊れたせいで制作期間中イラストに打ち込み、良いパンフが描けました。宣伝美術として参加、CGページに作品掲載。

06.11/19

劇団Airflow、奈良市音声館にて第2回公演「銀河旋律」を公演。7月のSuperHEROで店長役だった森本君が率いる劇団です。また宣伝美術デビューの栗生あきらさんがどんなパンフを作るかも楽しみでしたが、落ち着いたレイアウトで初めてとは思えない出来でした。舞台はまっすぐさと戸惑いとが入り交じった若さあふれるものでした。無料カンパ公演、続けてほしいものです。

06.10/15

劇団ころがる石file#20、アトリエ劇研にて「デジタル銀幕フィルモグラフィ」を公演。ころがる石は初観劇です。正直言うとTOMには難解で追いつけませんでした。ただしフライヤーでも「心地よい混乱」を謳っていたので解らないことこそ狙いであり意図なのでしょう。

06.7/15&16

EVENT-STATION.(以下ES)、王寺町やわらぎ会館にて第12回公演「SuperHERO」を公演。2003年夏のspirit以来、三年ぶりとなるヒーローショー仕立ての舞台でした。キャストにあちこちの劇団の役者を多数呼び(事実上ユニット公演に近い?)豪華な配役でした。ESの源流である殺陣舞台は久しぶりですが、スピーディーで楽しかったです。ESの動員記録を更新。宣伝美術として参加、CGページに作品掲載。

06.5/27

大阪のとあるホールへ舞台撮影に行きました。タレントスクールの発表会でミュージカルセクションの撮影を頼まれたのですが、別セクションのダンスもすごいボリュームとクオリティで見ごたえがありました。

06.5/5

大和郡山城ホールにて「白い雲の彼方に」が上演されました。おじいさんの実体験をもとに舞台化した戦争のお話で市民の方も多数参加されたようです。知り合いが数人関係していたので苦労話は色々聞いていましたが、終わってみればなんとも大きな舞台でした。

06.4/23

演劇集団クラッシュプリン、王寺町やわらぎ会館にて第七回公演「TIME LIMIT」を公演。オリジナル脚本。綺麗な舞台でした。先の劇人と同じく無料公演だけど、無料でありながらカラーのフライヤー+カラーのパンフを実現している。これは本当にすごいことです。

06.3/21

劇人、王寺やわらぎ会館にて第11回公演「法王庁の避妊法」を公演。今年で10周年だそうですが10年続いたのはすごく大事なことだと思います。今年はお客として見に行きました。

06.2/19

演劇ユニット「ピクニック伝説」、王寺やわらぎ会館にて「BoX」を公演。脚本は前年の「おちつけ!!ザ・他力本願寺s」のK氏とフジエ団のフジエダさんの合作。宣伝美術は自由度が高く楽しかったです。サポートする楽しさ(=スタッフの醍醐味)を感じた宣美でした。CGページに作品掲載。

06.1/8&9

劇空間NKボム、アリス零番館にて第10回公演「Alpha-bell」を公演。最終公演だそうですが僕はこれが初観劇でした。無機質な綺麗さや無の怖さで作られた舞台。ここのフライヤーはシンプルだけどきれいです。

05.12/17&18

演劇集団クラッシュプリン(仮)、王寺町やわらぎ会館にて第6回公演「ブリザードミュージック」を公演。楽しさが伝わってくる舞台でした。どうして芝居をやってるのか、を描いた作品を、復活公演の真新しいメンバーで上演したことがかえって良かったなと思います。

05.9/25

EVENT-STATION.、王寺やわらぎ会館にて第11回公演「smile note」を公演。宣伝美術で参加。今回、イラスト主体のデザインでした。いつもみたいには凝らずシンプルに表現。CGページに作品掲載。

05.8/21

ビバーズ6プロデュース、奈良市音声館にて「実験 〜桂木先生砂漠で踊る〜」を公演。2001年のビバーズ3の再演、今回は女キャスト組と男キャスト組に分かれての二回公演でした。まさしく実験ですね。4年前が思い出される楽しい舞台でした。

05.5/24

劇人'ごもくめし、文化パルク城陽のプラネタリウムホールにて第10回公演「星に願いを」を公演。芝居小屋と違って「頭上に星が見える」以外にも「リクライニングシートの座り心地が素晴らしい」という嬉しいおまけがあるホールでした。

05.1/16

演劇ユニット「おちつけ!!ザ・他力本願寺s」、王寺やわらぎ会館にて「Science & Fiction」を公演。個性的な面々が11人集まったユニット。代表K氏が脚本を書くのはショート物以外では初。5本の話が最終的にひとつに繋がるちょっと複雑な構造でした。CGページに作品掲載。

04.11/20&21

演劇集団クラッシュプリン、王寺やわらぎ会館にて第GO!回公演「Lost M Univers」を公演。大きく顔ぶれが入れ替わっての第五回、そして初めてのオリジナル脚本。お笑いと殺陣が中心の2時間超の大作でした。

04.10/3

フジエ団、王寺やわらぎ会館にて第5回公演「フジエ団大回転」を公演。フジエ団初のオリジナル脚本で、オムニバスコントを上演。いつにも増してバラエティに富んだ顔ぶれが多方から揃っていました。ベタなお笑いが好きなTOMは結構ツボでした。

04.9/26

EVENT-STATION.、王寺やわらぎ会館にて第10回公演「SQUARE」を公演。99年の旗揚げ公演から5年あまりで10回目到達。TOMは宣伝美術で初参加しました。演出さんがレイアウトを完全指定するというデザインの進め方に正直戸惑いました。が、一人の時とは違った味付けには出来たかも。CGページに作品掲載。

04.5/8

俺とお前プロデュース、奈良市音声館にて「STINGER」を公演。オムニバス形式で色々な作品を上演しました。チラシ・チケット・パンフレットとどんどんテイストを変えて遊んでいく予定でしたが、終わってみればしっかりチラシのイメージを軸に展開してました。この宣伝美術はいい遊び方ができました。CGページに作品掲載。

04.4/10

劇人'QUATRO、いかるがホールにて第9回公演「リプレイ」を公演。久しぶりのハードボイルドタッチ。12名もの役者がなかなか揃わず苦労したようです。前回に続いて宣伝美術で参加。スペシャルページに作品掲載。

04.3/6&7

演劇集団クラッシュプリン(仮)、やわらぎホールにて「CLOSE YOUR EYES」を公演。東京大震災が舞台のお話ですが、阪神大震災と重ねて感じた人もいたに違いない。良いお話でした。

04.1/11

団体名「tadpole」で代表takaさんと劇人の母びびさんが2人芝居「a・room」を奈良市音声館にて公演。立ち上げ予定団体名は「SHOCKING PINK」だったのですが打ち合わせ初日に理由あって没。団体名に合わせて練ってきたショッキングピンクなデザイン案が全て没!になったという内幕も。でもそのおかげで先入観無しに素直に宣伝できたと思います。CGコーナーに作品掲載。

03.12/23

演劇ユニットNap(K氏+だっぷー)が、なら100年会館にてユニット公演。宣伝美術として参加しました。実際に活動が始まったのが下記ES終了後、本番まで一ヶ月しか時間がない舞台でした。猛烈なラストスパートで終わってみれば良い芝居だったと思います。面白かったです。CGコーナーに作品掲載。

03.11/23

EVENT-STATION、王寺町やわらぎ会館にて第9回公演「SAMURAI(侍)」を公演。現代を舞台に侍が駆け抜ける。笑いも泣きも織り交ぜた舞台は、今までのEVENT-STATION.の舞台では一番楽しかった舞台でした。宣美仕上げなどの内職でプチ参加させていただきました。

03.11/16

フジエ団が南生駒せせらぎホールで公演、「題名はひ・み・つ」。会場を間違い、遅刻してしまいました。がどこから見始めても大丈夫なストーリーでちょっと安心した舞台でした。一場の芝居なのに感情が目まぐるしく変わるジェットコースターのような芝居でした。

03.8/31

奈良市音声館にて企画公演があり、その宣伝美術を担当。タイトル等は未公開。自力では初のフルカラーチラシ500部、カラー招待券100部、カラーパンフレット100部を製作。それをあわせて「諭吉さん一人」に挑戦。自腹は切らずに完了しましたが手間はもう極大級でした。同業者が聞いたら悲鳴を上げることでしょう。僕も二度としません(出来ません)。CGページに作品掲載。

03.7/20

EVENT-STATION、王寺町やわらぎ会館にて弟8回公演「spirit」を公演。変身ヒーロー活劇ものの正義側と悪者側とを対等に扱った話。団長が過去仕事でやってきたヒーローショーの要素をうまく活かしていたと思います。宣伝美術は、とうとう本職デザイナーになった奈緒子嬢。パンフもいい仕上がりでした。

03.6/28

フジエ団、王寺やわらぎ会館にて「池袋クレイジーボーラーズ」を公演。スピーディな舞台で面白かったです。ダンスが「面白さ」として取り込まれていたのがとても新鮮。良い意味で県内選りすぐりの顔ぶれがそろった舞台、ゴージャスな雰囲気でした。

03.3/29

ダンスチーム神楽、王子やわらぎ会館にて「Silent Noise with encore style .」を公演。本番は見に行けなかったが、グッズ(出演者全員のファンクラブバッジ)製作でプチ参加。CGコーナーに作品掲載。

03.3/3

すごいよ!!劇人さん、いかるがホールにて恒例の無料公演第8回「見果てぬ夢」を公演。今年は病院が舞台ですが本番直前に本当に役者が入院し、公演自体が危ぶまれた経緯のある舞台でもあります。前回に続いて宣伝美術で参加。スペシャルページに作品掲載。

02.11/28&29

EVENT-STATION、王寺町やわらぎ会館にて弟7回公演「SEVEN」を公演。むずがゆいくらい若さいっぱいの芝居だと感じた自分はもう年寄りなのでしょうか?宣伝美術でお誘いがあったのですが下段Napと完全にかぶっていたため断念しました。

02.11/14〜15

ユニットNapが奈良市音声館にて「アーバンクロウ-呼吸(いき)もできない-」を旗揚げ公演。奈良ではあまり見ないハードボイルドなお話。音声館の限界に近い大掛かりなセットで、迫力のある舞台でした。宣伝美術で参加。低予算に手間ひまで対抗した作品が見ものです。CGページに作品掲載。

02.10/26

フジエ団、奈良市音声館にて第二回公演「ハイジャック専門学校」を公演。題名の想像に反したところがうれしい誤算で、悪人は登場しない話(なんと素人な感想…)。劇団ロゴデザインという形でお手伝いしました。プレゼント用ロゴシールデザインという参加は初めてで新鮮でした。

02.9/25〜26

劇団SenseOfUnity、奈良大学H棟大会議室にて第三回公演「こけしの下の殺人者」を公演。宣伝美術手伝いで参加しましたが平日のため本番は見られず。当日パンフレットが全部なくなったそうで学内で伝説を残したのだとか。そんな大入りの舞台は初めてだったそうです。嬉しい感想です。CGページに作品掲載。

02.5/31〜6/2

ファントマ、近鉄小劇場で「黒いチューリップ」を公演。そこにウルトラエンジンの座長Kが客演。本人曰くの「美味しい役」は、見事に美味しかった。パンフレット自体の扱いや舞台装置との連携が面白くて、良い刺激になりました。

02.5/9〜10

演劇ユニット「半カス」が奈良市音声館にて「TWIN〜cross over〜」を公演。演出半+カス、脚本佐野春日、キャストに劇人のびびさん、ULTRA ENGINEの座長Kさん、EVENT STATIONの佐野春日、S.O.Uの半という珍しい組み合わせ。本番は見られず。CGページに作品掲載。

02.3/16

劇人'通(つう)、いかるがホールでの恒例の無料公演第7回を公演。昨年に続いての「あの世」のお話を、新しい顔ぶれで公演。宣伝美術で参加。スペシャルページに作品掲載。

02.2/28〜3/1

劇団Sense Of Unity、奈良市音声館にて「金蘭」を公演。製作日程がまったく合わずチラシの写真素材は打ち合わせの日にテストで撮影したワンカットのみ!仕方なく画像処理で服も位置も手で修正。写真が思うように手に入らなかったことで、一風違う作りにできたと思います。本番が見られずとても残念でした。宣伝美術で参加。

01.11/4 奈良大学の劇団NUDA、大学構内で、青垣祭定期公演にて「ハックルベリーにさよならを」を公演。三回生不在で一・二回生のみの公演。登場と同時にああ、父役だ!と分かる素晴らしいキャラクターだと感じた彼こと野田ぷーは、後に劇人通に参加。(さらに後々多くの仕事をご一緒することになりました)
01.10/14 劇団さんごう、奈良県三郷町コミュニティセンターにて、「歌うシンデレラ」を公演。15周年記念のミュージカル公演。そういえば劇団さんごうは作曲さんも振付けさんもいるので、まさにミュージカルにうってつけですね。ゲスト4人を迎え、総勢11名の舞台でした。
01.08/30〜31 劇人の副代表びびさんが率いる「ビバーズ3」、奈良市音声館にて「実験〜桂木先生砂漠で踊る〜」を公演。びびさんがかつて東京で岡戸三樹さん、バンビ青木さんと上演した本を奈良で再演したいとの本公演、東京から2人を呼び1ヶ月で作り上げたスピード舞台です。舞台外でも実験的なことは数知れず、参加して楽しい現場でした。CGコーナーに作品掲載。
01.08/25〜26 ウルトラエンジン、扇町ミュージアムスクエアにて「V.S.ジャック〜青年教師の夕暮れ」を公演。パワーで走り抜ける若々しい芝居でした。グッズ販売にずいぶん力が入っていました。
01.04/27〜29

集団ATP、アトリエ劇研にて第6回公演「AMAKUSA」を公演。幕末の島原を舞台とした時代物でした。所々に笑いを挟みつつも全体はあくまでシリアスに。「宗教」「欲望」に振り回される人間の模様を描いていました。座付きの宣伝美術さんのピンチヒッターとしてTOMが呼ばれ、チラシのデザインのみお手伝いしました。CGコーナーにチラシ作品あり。

01.03/30

劇人'UNO(ウーノ)、いかるがホールにて第6回公演「煙が目にしみる」を公演。火葬場を舞台にした、コミカルではあるが泣ける芝居でした。劇人史上初の立ち見が出た芝居です。宣伝美術・スライド・舞台美術などいろいろと参加しました。スペシャルページに作品掲載。

01.02/11

ragical創生児、奈良あしびの郷にて、旗揚げ公演「この手紙を届けるために」を公演。あしびの郷は、音声館のすぐ近くのしゃれたお店です。脚本のhiroさんは奈良大学の劇団NUDA「SEVEN'S HEAVEN 改定版」でオショー役だったその人。

00.11/19

劇団さんごう、奈良県三郷町コミュニティセンターにて、「まだ まだ まだ まだ〜今も昔も〜」を公演。特効にその筋で有名な「ギミック」さんを呼び、オープニングから舞台はなんと一面の雪景色に!スノーマシン恐るべし。10周年らしく力の入った舞台でした。代官が・・・

00.11/15&16

EVENT STATION、奈良市音声館にて、第4回公演「Simple」を公演。テーマは恋。両日で違う脚本、違うキャストの2本立て。見に行く事はできなかったが、少しだけデザインでお手伝いをしました。CGコーナーに作品あり。

00.11/05

奈良大学の劇団NUDA、大学構内で、青垣祭定期公演にて「SEVEN'S HEAVEN 改定版」を公演。演出は下欄「ケンジ先生」に出演していた花さんです。笑いから入り最後はシリアスなエンディング。チラシは楽しそうな感じだったのでこのギャップは少しびっくりでした。

00.08/26

パフェファクトリー、筒井南部公民館にて第4回公演「ケンジ先生」を公演。本格派「えせ」ミュージカル。この公演で、本格的な宣伝美術としては半年振りに復活。仕事を続けながら1ヶ月で打ち合わせ・撮影して完成できたのは夏休みであった事が大きいと思います。厚紙に白黒印刷で通知表を模したパンフがお気に入りです。CGコーナーに作品あり。

00.06/24&25

STAFF T&Eプロデュース、いかるがホールにて「新・ぼくの先生」を公演。オーディションで選ばれた20名余りのキャストが3回の舞台をWキャストありで演じました。プロデュースの西脇さんつながりの「西脇総合舞台」による豪華な機材とも相まってスケールの大きい舞台でした。TOMは仮チラシのみ作成。CGコーナーに作品あり。

00.05/20

EVENT STATION、王子町やわらぎ会館にて「SOUND」を公演。第3回の今回はサスペンスタッチ、テーマは「恐怖心」。チラシは一枚一枚印刷の上から手形+プリントゴッコが押してあるなど、今までに見ないクラフト感が目を引きました。パンフは囚人リストを模していて、キャストの白黒写真付き。舞台の方はタイトルがSOUNDだけあって、音が面白かったです。

00.04/14〜16

Second Spirits of Square、未知座小劇場にて、「大青春時代」を公演。当初シアトリカル應典院を予定していたが様々ないきさつで場所が変更になったとのことです。未知座のこじんまりとした舞台は、S3の彼らには狭かったかも。S3側が3人、客演が2人という構成で、また新鮮な舞台だった。なおエスキューブはこの後解散しました。

00.03/01

劇人'ZERO、いかるがホールにて「ソープオペラ」を公演。2時間半の長い目の芝居。CATVの収録あり。これでしばらくの間、宣伝美術から手を引いて本当の社会人へ。就職を前に存分に思うものを製作させてもらいました。(CGコーナーに作品あり。ポスターなど)

00.01/15&16

パフェファクトリー、西池尻町公民館にて、「ラブコメ大王」を公演。同じ設定の2人芝居を3組にわけて公演した。パンフの表紙はどっかで見た感じだが中味は味があって面白かったです。

00.01/09

EVENT STATION、奈良市音声館にて第2回公演「STATION」を公演。照明はT&Eの西脇さん。昼と夜2回とも見ましたが楽しさが伝わってくる舞台でした。旗揚げ公演から見てキャストの成長が大きかったと思います。

99.11/11&12

Project IS、奈良市音声館にて、「Browny」を公演。演出の池田君お得意の舞台を裏切る舞台。気色悪さからくる笑いや常識の裏切りをテーマとしたようです。以後、池田君は上京。

99.10/29

Second Spirits of Square、奈良市音声館にて、「超空間短編集version S」を公演。3ヶ月連続企画の第3段。今までの話とは関係なく、デパートで迷子になった3人の幼稚園児を平均20歳のキャストが演じる「ちょっとした冒険」もの。これで短編は終わりで次は来年2月、大阪公演らしい。

99.09/19

Second Spirits of Square、奈良市音声館にて、「超空間短編集version C」を公演。3ヶ月連続企画の第2段。おでんの屋台で起こるドラマを中心に展開するちょっとしたラブストーリー(?)。第3段は台本が変更になるらしく、キャストも入れ替わるとか。

99.08/22

EVENT STATION、筒井南部公民館にて、「SHADOW」を旗揚げ公演。客席の真ん中に十字の舞台を組む。近未来アクション劇で、ダンスにも力を入れていました。エンディング・パンフ形式でした。

99.08/07

第7期スーパージェット団、生駒セイセイビルで、ギャンブラーの生き様を描いた「正しい世紀末の過ごし方」を公演。最終公演として2年半の歴史に幕を下ろす。宣伝美術を担当しました。(CGコーナーに作品あり。ポスターなど)

99.06/5&6

パフェファクトリー、西池尻町公民館にて、第2回公演「小林少年とピストル」を公演。無料カンパ公演。両日ともスタッフとして参加。初めて舞台を経験する子も取り混ぜた、お笑いの要素が豊富な舞台でした。

99.03/13

劇人’99、生駒セイセイビルで「GODZILLA」を公演。定例の無料公演。ラストの真っ赤な照明効果 で、三原山の噴火を表現。京都から来た人達を交えての舞台は楽しかったです。劇人は宣伝美術に関して完全に任せてもらえるので、不安ではありますが思いきった創作がしやすいです。(CGコーナーに作品あり)

99.02/19&20

Event/Slash(イベントスラッシュ)という名前で、奈良市音声館にて「Project kafka」「Looking for 家政婦」の合同公演がありました。kafkaは女性4人による暗いめの精神モノ、家政婦は定石を破った渋いお笑いの舞台パフォーマンスというすごい取り合わせ。両団体ともに宣伝美術として参加。(CGコーナーに作品あり。ポスターなど)

98.10/04

Produce-Powerunit-AGLAIA、生駒セイセイビルにて「碧き夜空のしたで」を旗揚げ公演。入場料は前代未聞の¥250でした。CGコーナーに作品あり。

98.03/31

AMPTOP PRESENTS、森ノ宮プラネットホールにて「逃亡者たちの家」を公演。大阪初公演。稽古を見学していたので話は知っていましたが、なかなか楽しめました。

98.03/12

劇人’98、奈良市音声館にて、ホテル内でのひと騒動を描いた「ここだけの話」公演。役者が3人しか出ず場面転換もなしのシンプルな舞台。なんと裏方は音響と照明掛け持ちで一人でした。

98.02/28

劇人’98、斑鳩ホールにて、離島の平和な暮らしを描いた「郵便配達夫の恋」公演。このホールはアクセスがやや不便ですが広くて綺麗なうえ、レンタル料が安い。芝居のホールとして根付いてほしいですね。舞台はCATVにて収録・放映されました。CGコーナーに作品あり

97.08/28&29

劇団 Rapid Company、奈良市音声館にて北村想の「ロスト・ゲーム」を公演。客席の真ん中に舞台を組み、客が取り囲むという変わった舞台。・・・個人的に非常に難解な芝居でした。この後Rapid Companyは解散しました。

97.04/26

劇団 Rapid Company、片桐公民館にて夏休み、学校、ユーレイの3拍子が揃った「ナツヤスミ語辞典」公演。役者総勢16名の大所帯。見ていて楽しい舞台でした。

96.12/13

劇団 Rapid Company、劇団MIXED BAGの合同公演「鉄壁96」、奈良市音声館にて。ショートコント集のオムニバス舞台でした。CGコーナーに作品あり。